営業を辞めたいと考えている女性が意識すべきポイント

営業職

なぜ営業を辞めたいのかをしっかり考えよう

Gf01a201503170000

まず、営業を辞めたいと思った女性が考えておきたいのが「なぜ辞めたいのか」という理由の洗い出しです。営業の仕事は確かに辛いものですが、人によって辞めたいツボは違うはずです。例えば、ある人は「ノルマはいいんだけれど、勤務時間が長時間過ぎて、自分のキャリアを考える時間がない」といった理由で辞めたいかもしれませんし、また別の人は「ノルマをクリアできなくて、上司から怒られてばっかりで」というのが理由かもしれません。

辞めたい理由によって対処法は違ってくる

辞めたい理由を洗い出したあとは、その辞めたい理由を考察していきましょう。辞めたい理由によって、対処法は違ってきます。

例えば辞めたい理由が「つまらない」の場合は、営業に向いていないとは言い切れません。ですので、転職してもっと興味のある商品を取り扱ってみたり、もっと規模の大きな商品を取り扱うことで、変わってくるかもしれません。

ですが、「営業自体が苦痛」と感じるのであれば「部署内異動ができないか」を上司に掛け合う方が楽です。

営業のスキルは他の職種でも役に立つ

また、「営業を辞めたい」と考える女性の中には「潰しが利かないから」と思う人もいます。しかし、営業のスキルは基本的に潰しが効くものです。

例えば、営業をやっていると「この人には売らないほうがいいな」という妙な勘が働く時があるでしょう。その勘は普段の日常生活で生きるのはもちろんですが、ビジネスで新しい付き合いが始まった時には特に役に立つスキルとなります。

独立希望の女性は営業スキルを培っていくのが良い

営業を辞めたいと考える女性の中には、「独立したい。しかし営業辞めたいな」と考えている方もいるかもしれません。しかし、営業で培った「ものを売る能力」はそのまま独立した際に生きますし、また「フリーランスのWebデザイナー」や「フリーランスのライター」に求められる「自分を売る能力」に変換することも可能です。ですので、独立希望の女性の方は、他企業への転職も視野に入れて、営業のスキルを培う努力をするとよいでしょう。

「3年」という期間よりも体調を優先して営業を辞めるか判断

営業の仕事を辛いと感じている女性の中で「会社の風土が合わない」と感じている方の場合、「とりあえず3年だから」という法則を信じてやめない場合も多いです。ですが、どんな仕事も体が資本ですので、3年目まで勤め上げたはいいけれどもメンタルヘルスが不調、となった場合、むしろキャリア的には不利になってしまうケースが多いです。無理して3年目まで勤めあげる必要はないと考えましょう。

自分に合う会社は現職だけではないという意識が重要

世の中、探せば自分に合う会社はいくらでもあります。ですから、「営業の仕事は大丈夫だけれども、ちょっと入る会社間違えた」といった場合で、精神的に苦しい場合はきっぱり転職してしまいましょう。元気なうちに転職の行動をしておくと次の会社での成功率が上がります。

女性が営業を辞めたいと思ったときは理由を洗い出し続けるかどうか判断しよう

女性が営業を辞めたいと考えた際に意識すべきポイントをご紹介しました。営業を辞めたい女性は、まずその理由を洗い出すとよいでしょう。理由によって、その後の対処法が変わります。「独立希望」の女性はどうにかして営業を続けた方が将来のためになりますし、とりあえず三年と思っている女性は、「辛いところ」をしっかりと整理して、それらを避けるために辞める勇気も必要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職