仕事のレベルが低い社員の能力を上げる方法

社員教育

仕事のレベルが低い社員改善法①:報連相を徹底させる

Bunnseki

基本的なことと思われますが仕事のレベルが低い社員ほど報連相が徹底できていません。報連相が不完全だと、上司が部下の仕事を管理することができず結果的に仕事のレベルが低い社員は能力を上げることができません。まず、根本的に上司自身がレベルの低い社員が今どんな仕事をこなしているのかを把握するために報連相を再徹底する必要があります。

適切なタイミングでレベルの低い社員の仕事をコントロール

報連相がきちんとできるようになれば、うまくいっていないことに関しては適切なタイミングで上司は部下にアドバイスをすることができるようになります。このように、適切なタイミングで上司がレベルの低い社員の仕事をコントロールすることで社員の能力をある程度上げることができます。このように、粗衣ごとのレベルが低い社員はまずは仕事の基本的な部分から見直すことで能力を上げることが可能になります。

仕事のレベルが低い社員改善法②:時間管理を共有する

仕事のレベルが低い社員はほとんどと言っていいほど時間管理ができていません。毎日何となく思い付きで仕事をこなしているため時間を管理するという感覚がないため仕事の生産性も低い傾向にあります。時間管理に関しても最初は上司と共有してうまく仕事のレベルが低い社員が上手く時間管理ができるようになるまで指導する必要があります。

生産的な時間の使い方に変換するだけで改善される

時間の使い方を生産的な時間の使い方に変換するだけで、仕事のレベルが低い社員の能力は驚くほど改善されます。これまで、何となく使っていた時間が生産性の高い時間に変換されるため必然的に能力は上がって生産性も向上していくことになるのです。時間管理についても基本的なことですが、レベルの低い社員はうまくできていませんので一人で時間管理ができるようになるまで上司がコントロールする必要があります。

仕事のレベルが低い社員改善法③:目標を共有する

最後に、仕事のレベルが低い社員は必ずと言っていいほど仕事の目標が明確ではありません。毎日、何となくがんばって何となく仕事をこなしていっているという状態です。仕事のレベルが低い社員は自分で目標を設定して達成することが難しいです。もし、自分で目標達成できる社員ならどんどん勝手にステップアップしていくはずです。目標設定も基本的なことですが、上司が目標、期日を明確に共有する必要があります。

目標がなければ人はモチベーションが上がらない

仕事のレベルの低い社員が自ら目標設定できて自分で目標設定して達成できるようになるまで目標を共有して達成できるまで追いかける必要があります。目標がなければ人はモチベーションが上がりませんので、目標の共有は仕事のレベルが低い社員の能力を上げるために必ず必要な方法となります。

仕事のレベルが低い社員に報連相を徹底させて時間管理・目標を共有して改善すべき

仕事のレベルが低い社員の能力を上げる方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?仕事のレベルが低い社員に限らず人材育成は常に企業の課題です。人が育たなければ企業は衰退していくためいかに社員の能力を上げていくかが企業の大命題といえます。その中でも仕事のレベルが低い社員に関しては基本的なことを徹底することができれば能力を上げることは可能なので上述した方法をぜひ実践してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス