ライスをフォークで食べる際の基本的なテーブルマナー

2016年12月12日テーブルマナー

フランス式の食べ方はライスを「フォークの腹にのせる」

Knife 204945 960 720

基本的に、テーブルマナーに則ったライスの食べ方は

フランス式:フォークの腹にライスを乗せる

イギリス式:フォークの背にライスを乗せる

と言われており、日本人が多くやっている食べ方と言われています。しかし、フォークの背に乗せてライスを食べるのは、イギリス式の正式なテーブルマナーではありません。フォークの背に乗せて食べるのは、豆を突き刺す時にやる方法だといわれています。

イギリス式のライスの食べ方は「フォークの背・腹」どっちでもいい

実は、イギリスでも豆を突き刺すだけで、ライスをフォークの背にのせて食べるのは正式ではありません。いつの間にかこれがイギリス式ということで、日本で広まった風習と言えます。ただ、この食べ方でもマナー違反ではありませんので、食べやすい人はこれでも大丈夫です。フォークの背に乗せるのに慣れた人はこれでもいいでしょう。

ライスをフォークで食べる時は左手・右手どちらでもよい

テーブルマナーでは、左手にフォークを持つのがマナーですが、ライスの食べ方に限っては、左手から右手に持ち替えても構いません。右利きの人が多いので、右手に持ち替えて食べる方が楽でしょう。その場合は、右手に持っているナイフをお皿のふちに置いてから、フォークを右手に持ち替えます。ただ、ライスの食べ方の一部では右手に持ち替えるのはあまりテーブルマナー上、良くないとされることもあります。

ライス皿を手に持たないのがテーブルマナー

テーブルマナーで気を付けなければいけないのは、ライスの食べ方はライス皿を左手で持たないことです。日本人のライスの食べ方では、ついお皿を持ってしまいますが、洋食の場合は、ほとんどの場合には、お皿を手に持ちません。この習慣だけはテーブルマナーとして覚えましょう。お皿をもってしまうと、お皿を置くときにも音がしてしまいます。フォークで食べる時もですが、なるべく静かに食べるのがテーブルマナーの基本です。

スプーンでライスを食べるのはマナーとしておすすめできない

ライスの食べ方としては、スプーンでライスを食べるのは、テーブルマナー上ではおすすめはできません。スプーンは、スープなどを飲むものと言うのが洋食の考え方です。また、ナイフも切るための物なので、ナイフを口に運ばないようにします。それぞれの用途に合った使い方をするというのが洋食の考え方ですので、ライスにはフォークを使うのが基本です。

ソースや他の料理を乗せないのがマナー

ライスを食べる際は、よくライスの上に他の料理などを乗せたり、ソースをかけたりする人がいますが、ライスの食べ方は、最後まで美しく何ものせないで白いライスのまま食べるのが、美しい食べ方と言えます。見た目も食べる仕草も美しく見せるのがテーブルマナーです。人が見てもテーブル上のお皿が美しい食べ方を目指しましょう。

ライスをフォークで食べる際は腹にのせてきれいに食べるのがマナー

テーブルマナーとしてのライスの食べ方についてご紹介しました。日本人がマナーとして考えているのが正式ではなかったりすることも多く、正しい知識も必要です。そして、ライスもまずは、きれいに食べるのが基本です。そのためにはフォークの使い方に慣れるのが一番で、そこから美しいライスの食べ方を習得していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月12日ビジネス

Posted by BiZPARK