郊外に住む・都心に住むことで生じるメリット&デメリット

2017年1月16日転居

「都心に住む」「郊外に住む」それぞれメリットがある

Birds eye view downtown city 640x427

都心に住むにしても、郊外に住むにしてもそれぞれ違った魅力のメリットがあります。まずは、そちらを確認してみましょう。

都心に住むメリット

都心に住むメリットとしてまず挙げられるのが、「何事においても便利」という点です。電車の本数は多いですし、地下鉄などの交通網も発達しています。買い物にするにしても都会の方が便利です。

また、都心の方が刺激的な生活ができるのもメリットでしょう。

若いうちは何事も経験と言いますから、歳が若いうちは都心に住む方が良いのかもしれません。さらに都心なら、終電の時間も遅いため遊び歩くことも可能です。

郊外に住むメリット

郊外に住むメリットは、やはり家賃相場の低さでしょう。

都心と郊外で同等の部屋を借りようとした場合、倍以上の差が出ることも珍しくありません。収入の3分の1が丁度良い家賃とよく言いますが、それでは部屋が狭すぎるという場合は郊外に住んだ方が良いのかもしれません。

また、仕事とプライベートを分けやすいのも郊外です。郊外なら、都心よりも自然が豊かですし、人混みも僅か。休日、のんびりと過ごしたいなら郊外に住む方が良いでしょう。

「都心に住む」「郊外に住む」それぞれのデメリットとは?

上記では、都心と郊外のメリットに関して紹介しましたが、次は、都心と郊外のデメリットについてみていきましょう。

「都心に住む」「郊外に住む」デメリットはどんなものがあるのでしょうか?

Cant napping window curtains 640x427

「都心に住む」と支出が高いというデメリットがある

都心は郊外と比べやはり家賃が高め、さらに遊びの誘惑や飲み会の誘惑などがたくさんあるため支出が多くなりがちです。

節約をしたい人にとっては、大きなデメリットになるでしょう。

「郊外に住む」と時間を取られてしまうデメリットがある

職場が郊外にあるのならいいのですが、都心にある場合だとどうしても移動に時間が取られてしまいます。

時間はお金とは違って、増やすことができないもの。そのため、時間が何よりも大切という人からしたら、郊外に住むのは大きなデメリットとなるでしょう。

「郊外に住む」「都心に住む」それぞれのメリットとデメリットを把握してよく考えてから住む場所を決めよう

いかがでしたか?

「郊外に住む」「都心に住む」それぞれのメリットとデメリットについて紹介してきました。それぞれ、メリットとデメリットがありますので、憧れだからと容易に住む場所を決めてしまっては後悔してしまうかもしれません。

お金を大切にするか、時間を大切にするか自分の性格や生活に合ったほうを選ぶようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK