転職と引っ越しはどちらが先?転居に必要な段取りと手続き

2017年1月16日引越し, 転居

転職と引っ越しはどちらを先に済ませるべきなのか

Clock 611619 1280

「転職」と「引っ越し」。どちらも人生のターニングポイントです。では、もし転職のために引っ越しが必要になるとすれば、どちらを先に済ませておくべきなのでしょうか。転職か引っ越しか、どちらか先なのか段取りを考えてみました。

先に「転職」後で「引っ越し」

まず転職先を決めましょう。引っ越し先だけ先に決めても、転職の勤務先がその近くになるとは限りませんし、転職先のお給料の金額が分からなければ家賃の設定も難しいです。転職先の仕事を先に決めるからこそ月給の額が分かります。月給の額が分かるから、適した家賃も設定できます。先に転職先の仕事を決めておけば引っ越すのもできるようになります。

引っ越しする時保険の手続きは必要か

Office 620817 1280

転職で引っ越しをすることになれば、保険証に記載されている住所や職場が変わってきてしまいます。この場合、転職先への変更手続きは必要になるのでしょうか。また、それに加え、引っ越し後の社会保険の変更などはどのようになるのでしょうか。

引っ越しの際には「住所変更の手続き」が必要

国民健康保険は「住民票の所属している地方自治体で加入する制度」です。そこで「転出届を提出」(引っ越しした)=「市町村区の国民健康保険の被保険者たる資格の喪失」=「(引っ越しにより)自動的に脱退」となります。引っ越しの際には、『住所変更の手続き』を行ってください。「資格喪失手続き」「加入手続き」「住所変更の手続き」、この場合、代理人の申請の場合には本人の自署押印がされた「委任状」代理人の「印章」「本人確認書類」がマストです。

転職してからの引っ越し先の決め方

転職先を決めて住居を決める際には、どのように引っ越し先の候補を絞っていくのが良い段取りでしょうか。引っ越し先にもさまざまな要素がありますが、特に着目するべき段取りのポイントはどこでしょうか。

通勤時間短縮・睡眠時間の確保・治安の良さを考慮する!

引っ越し先に、通勤時間の短縮や睡眠時間の確保を求めて下さい。家賃補助が支給される会社なら高めの物件に住むことも出来ます。さらに、引っ越し先でどんな暮らしをしたいか、思い描きましょう。女性はなるべく治安の良い街に住むのが良いですよね。自分に合った、暮らしやすい引っ越し先を探しましょう。

転職が先で引っ越しが後!転居の際には「住所変更の手続き」を!

転職が先で引っ越しが後です。転居の際には「住所変更の手続き」を自治体に持って行きましょう。引っ越し先を選ぶ時には、治安の良さ・通勤時間や睡眠時間の確保を考えてください。良い暮らしを自分でイメージすることで、これからの生活が変わってきます。まずはしっかりと転職を決めてくださいね!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK