【引っ越したい…】審査に不利な無職でも賃貸が可能な方法

引越し, 無職

賃貸への引っ越し、無職は不利?

最近は保証人要らずの不動産も増えてきていますが、かといって審査はやはり避けては通れないことです。

引っ越ししたくても、こういった審査型の物件は無職だとまず受かりません。また公団などの割安賃貸物件も無職の場合、応募すら出来ないということもあります。

無職でも賃貸に引っ越したいなら対応してくれる不動産屋を探そう

無職にとって賃貸物件を探すのはやはり少し苦労することは確かです。せっかく内見までしたのに審査が通らないということも少なくはないのです。だからといって、引っ越ししてはいけない道理はありません。

そのため無職が賃貸を探す上で大事なのは無職でも大丈夫な賃貸物件を紹介してくれる不動産屋を探すことです。

不動産屋によって大きく違う賃貸事情

チェーン店の不動産屋の場合、無職の人に貸し出してくれるような賃貸物件はほとんど無いと行ってよいでしょう。

そのため、引っ越しを決めたら狙ってみたいのが地元に密着している不動産屋です。こういったところには色々な物件があり、中には無職でも大丈夫という物件も少なからずあります。

引っ越しを決めたら当たってみたい地元密着型の不動産屋

チェーン店の不動産の場合、管理会社に完全に任せている大家さんが多いために無職はダメという線切りがあるものなのですが、地元密着型の不動産屋では大家さん次第で無職でも大丈夫という賃貸物件も多いのです。

またこういった地元密着型の賃貸の場合、割安なものも多くネット上にも情報が上げられていないために足を使って調べればよい物件に巡りあえますよ。

どうしても賃貸への引っ越しを望むならこんな手もある

無職で賃貸を探しづらいと思ったらウィークリーマンション等を利用してみるのもありです。

こういったところは金額さえ払えば職業は問わないといった所も多いのです。また賃貸をする際に契約者を親などにしてしまえば全く問題は無くなります。それとともに保証人代行サービスも沢山増えてきていますから、利用できるものは利用してしまいましょう。

無職にとって最後の手段はシェアハウス

部屋を探す時間もなくウィークリーマンションも高いという人にはシェアハウスがオススメです。

都内にしかないという欠点はあるものの、ほとんど身分証を提示するだけで入居できます。最近のシェアハウスは個室タイプのものも増えてきており、大変暮らしやすくなっています。特に無職の人にはオススメです。

無職でも賃貸に引っ越しできる手はある!

引っ越しをしようと思っても、無職の人の場合には部屋を探すのにも苦労するものですが、それもコツ次第で何とかなります。

チェーン店の不動産屋ではなく地元に密着した不動産屋で穴場の賃貸物件を見つけるか、保証人を代行してもらう、ウィークリーマンションなどの手段があります。また最後の手段としてシェアハウスを活用することも覚えておきたいものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス