引越しまでの残り日数からスケジュールを立てる際のポイント

引越し

引越しにかかる日数を考えてスケジュールを立てるべき

C

引越しにかかる日数はどのくらいでしょうか?いざ引越ししようと思っても、なかなか動けずにいる方はいるでしょう。引越しまでの日数を考えずに早めに荷造りをしてしまえば、「必要品が段ボールの中」なんて事態になりやすく、家の中を散らかしてしまいます。それでは効率が悪いので、最初は引越しの手順をしっかりと理解しておくべきです。そして手順と予定日までの日数を考えながら、スケジュールを立てるべきでしょう。

荷造りにかかる日数は大体1週間程度といえる

では、平均的な荷造りにかかる日数を見ていきましょう。「引越しに必要な日数について」というサイトによると、単身や家族などの生活状況に関わらず、荷造りにかかる日数は大体1週間程度といえます。しかし単身でも荷物の多い人、家族でも荷物の少ない人などはいますので、一概にはいえないでしょう。特に服や靴が好きな方などは荷物が多くなりやすいので、その点を意識して荷造りを行ってください。

引越しの際には契約変更など行うべき行動が多い

次に、引越しの際に行うべき行動を見ていきたいと思います。引越しは、思い立ってすぐにできるものではありません。きちんとスケジュールを組んで、業者への依頼や荷造り、役所での手続き等を行わなければならないのです。引越しでは、大まかに分けても以下の行動が必要となります。

①引越しの見積もりと業者への依頼

②現住居の退去申告・その他役所等での手続き

③不用品の処分

④固定電話・インターネット等の契約変更

⑤電気・ガス・水道・配達サービス等の契約変更

⑥金融機関・保険・携帯電話等の変更手続き

⑦荷造り

⑧今まで暮らした家の清掃

⑨手続きや荷造り等の最終確認

「するべきことが多いのではないか」と思った人も多いでしょう。しかし、生活において中心ともいえる住居を変更するのですから、伴う手続きの数は多いものです。しっかりとスケジュールを立てて、日数がずれないように注意しておきましょう。

残り日数と自分の生活状況を考えて荷造り等のスケジュールを立てよう

引越しで荷造りにかかる日数や、行うべき行動をご紹介しました。しかし、荷造りのタイミングに関しては、人それぞれとなるでしょう。ですので、自分の生活状況を考えたうえで荷造りを行う必要があるのです。早すぎても苦労しますし、かといって遅すぎると日数に追われて焦ってしまいます。落ち着いてスケジュールを立てて、手続き等と並行しながら荷造りをしていくのがベストといえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス