クレジットカード会社のデータから見る現状と今後の課題

2017年1月16日クレジットカード会社

クレジットカード会社の現状や課題は?

Money 256319 640

私たちの身近な存在でもあるクレジットカードは、コンビニやローン契約においてとても重宝されています。種類も豊富で、その中でも特に「VISA」や「JCB」などは認知度が高いでしょう。では、そんなクレジットカード会社の現状や課題は、どうなっているのでしょうか。業界動向SEARCH.COMを基に見ていきましょう。

クレジットカード会社のデータから見る現状

業界動向SEARCH.COMによると、近年のクレジットカード会社の業界規模は増加傾向にあるのが現状です。といっても、平成19年から23年の間は減少が続き、増加傾向にあるのはそれ以降だといえるでしょう。その理由として、平成24年からの国内消費の回復と25年からのクレジット決済増加が挙げられます。今後もクレジットカード会社の活用幅が広がれば、業界規模は増加していくでしょう。平成25~26年のクレジットカード会社の売上としてはイオンフィナンシャルサービスがトップの売上高をシェアしており、続いて三菱UFJニコス、クレディセゾンとなっています。

クレジット会社の抱えている今後の課題

では、そんなクレジットカード会社抱えている課題とは何でしょうか。同じく業界動向SEARCH.COMのデータを基に見ていきましょう。平成25~26年のデータを見ると、クレジットカード会社全体での売上高純利益率は+10.5%と、大幅にアップしています。しかし、過去5年の伸び率を見てみると-2.1%とまだまだマイナスの数字なのです。業界規模が増加傾向にあるとはいえ、昔に比べるとまだ低い状態だといえるでしょう。

そのため今後のクレジットカード会社では、さらなる業界規模の増加を狙った活動が求められます。新しいクレジット形態や制度などを設けることが、期待されているといえるでしょう。

業界規模が増加傾向にあるクレジットカード会社では今後さらなる成長が課題

クレジットカード会社全体の業界規模は、データから見ると増加傾向にあるといえます。しかしそれでも過去に比べると低い状態であり、今後は元の業界規模まで戻してからの、さらなる成長が求められるといえるでしょう。生活において頻繁に使用されるクレジットカード会社は、今後も企業規模増加の余地が十分にあります。クレジットカード会社にとっては、今後の活動こそが将来的にも大切となるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK