ローンのクレジット払いにおける仕組みと利用する際の注意点

クレジットローン

商品の支払い手段は現金・カード・ローンの3種類がある

Lgf01a201409171700

世の中における商品の主な支払い方法としては現金払い・カード払い・ローン払いが存在します。現金払いは最もシンプルであり、カード払いも近年では主流となってきました。その中でローン払いとはどんなもので、どんな特徴があるのでしょうか。クレジット払いの申し込み方法や支払い方法の種類などを事項より確認していきましょう。

クレジットローンは発行会社が行っている信用払いを指す

クレジットローンとはクレジット会社が行っている信用払いを指します。カード払いのようにクレジットカードを発行して、それにより決済を行うものではなく、購入者の個人情報を用紙に記載して審査を行い、承認が下りることで分割払いなどの立て替え払いを行うというものとなります。つまり、購入したい商品のみに適用されるローン払いを意味しているのです。

クレジット会社と契約している小売業で利用することができる

お店でクレジットローンを利用するには、その小売業がクレジット会社と契約を結んでいる必要があります。消費者が商品を購入する際に本来受け取るはずの代金をクレジット会社が小売業に立て替え払いを行うものがクレジットローンですので、小売業とクレジット会社が契約を結ぶことが第一ステップとなるのです。その際に定めるものが金利です。

金利手数料がクレジット会社に入る儲けとなる

金利は正式には金利手数料と呼ばれる手数料です。消費者に代わってクレジット会社が立て替え払いを行う際の手数料を指しますので、この金利手数料が実質クレジット会社に入る儲けとなるのです。よく広告で目にする金利手数料ゼロと呼ばれるものは、小売業がクレジット会社に手数料分を支払うことで消費者の負担額を無くしているというものであり、実質手数料が無くなっている訳ではありません。そうしてでも分割を行うことで購入を促せるというメリットを小売業は選択しているのです。

クレジットローンは長期の分割もできボーナスの併用もできる

クレジットローンのメリットとして、カード払いよりも長期の分割が組める点や、より多くのボーナス併用額が設定できる点が挙げられます。また、所得を含む個人情報による都度の審査により、カードよりも限度額設定が高くなるため、家や車・宝石などの高額品の支払い手段に向いているという性質もメリットだと言えるでしょう。

ローンの危険性にから上限の規制が設けられた

しかし、クレジットローンの契約を重ねると消費者が多重債務に陥ったり、現在の自分の支払額を把握できなくなったりすることで支払い不可能となる危険性もあります。そのため、平成22年12月に施行された割賦販売法により、申込者の収入や、生計を同一とする世帯人数によって申込み額やローン月額に上限が設けられるようになり規制がかかりました。

長期分割やボーナスの併用が可能なクレジットローンの使用では自分の支払額を把握しておかないと支払い不能となり危険

ローンのクレジット契約は商品ごとに申込みが出来ることや、月々の分割額を抑えられることでつい契約を結んでしまいがちです。使い方をわきまえれば非常に便利なものですが、油断すれば契約本数が増え、ローン地獄に陥ってしまいます。支払いに滞りが出ることで審査基準も厳しくなりますので、いざ住宅の購入などを考えた際に足を引っ張られないように注意しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス