国民健康保険料をクレジットカードでお納付する方法

クレジットカード, 国民健康保険

国民健康保険に加入していると医療費が一部負担で済むようになる

Finance 635805 1280

国民健康保険に加入する事によって、怪我や病気をした場合に医療費を一部負担するだけで済むようになり、国民健康保険の場合運営元は居住している市区町村等の地方公共団体です。サラリーマンの場合は社会保険に加入しますが、自営業の方や無職、未成年学生、農家や主婦等は国民健康保険に加入する事になります。国民健康保険に関しては市区町村の役所に納付し、世帯単位で行われる仕組みになっています。

国民健康保険の支払は口座振替や納付書が一般的

国民健康保険料を支払う場合には口座振替や納付書を使う方法があります。そこでクレジットカードを利用して支払いを行う事は有効であり、クレジットカード払いをすれば還元率に応じたポイントが蓄積する事になりますからお得です。本人にとって有利な方法を選択する事が望ましいですし、支払い方法の特徴を押さえる事が必要になります。

国民健康保険の納付方法は4種類ある

国民健康保険料を納付する場合には、口座振替、納付書支払い、Yahoo公金での支払い、nanakoで支払い、といった方法があります。口座振替や納付書支払いを行っている方は一般的に多いですが、Yahoo公金支払いやnanako支払いはクレジットカードを活用した支払い方法と言えるものです。

民間の公金支払サービスを使えばクレジットカードで国民健康保険を支払える

Yahoo公金の活用を行えば、国民健康保険のクレジットカード支払いが出来るものですが、この支払い方法が活用出来る自治体は限られていますから事前に確認が必要になります。さらに納税者手数料の発生もありますから、カード支払いによるポイント発生と手数料をチェックした上で利用する事が有効です。nanakoでの支払いはクレジットカードを利用してnanakoにチャージして支払う方法であり、ポイントが溜まって保険料削減に繋がり有利な方法です。

コンビニのプリペイドカードは全国で公金の支払が出来る

Yahoo公金を活用したクレジットカード払いは誰でも使えるものではなく、制限設定もありますから、実際に多くの方が利用出来る国民健康保険料のクレジットカード払いを行えるのはnanacoだけと言えます。国民健康保険料をnanacoで支払う為には、CVS収納用バーコード付の納付書を使用する事が必須です。

コンビニのプリペイドカードを使う場合は「CVC収納用バーコード」で支払う形となる

CVS収納用バーコード付納付書があればコンビニ等での支払いが可能になり、利用したい時は自治体に連絡して支払いの方法変更を伝えると良いです。手順としてはnanacoクレジットチャージをクレジットカードで行い入金し、それをコンビニでCVS収納用バーコード付納付書を支払うという流れです。この時にポイント発生するカードを選択しておく事が必要になりますから、還元率の高いカード選択をして有利に国民健康保険料を支払う事が有効と言えます。

クレジットカードで国民健康保険料を納付するには民間の公金支払サービスかコンビニのプリペイドカードを利用

国民健康保険料をクレジットカードで支払う事は節約に繋がるものです。4種類の主な支払い方法がありますが、クレジットカードを上手く活用して国民健康保険料を支払えばポイント還元の力で有利に支払いが可能になります。有利に支払える方法を知るか知らないかで負担が違ってきますし、少しでも安く保険料の納付を行う事が出来れば有利です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職