金欠で困る!無職のときの過ごし方と対策

無職, 節約

無職とは職が無い状態のこと

Boy 447701 1280

無職とはその名の通り「職の無い」状態の人をさします。多くは、「職に就いていない」という意味合いで使いますが、決まった仕事がないという意味もあります。最近では、無職という言葉に対するネガティブなイメージを避けるために、「フリーター」や「家事手伝い」という違った言い方での表現が主流になりつつあります。

昼は就職活動をし夜はアルバイトという生活を送る人もいる

学生以外で就職活動中の人も、いってみれば「無職」の状態です。その場合でも、生きていくために就職活動をしながらアルバイトなどをして、生活をしていかなければなりません。就職活動には毎日活動するための交通費が必要となるので、節制して生活していたとしても金欠になりがちです。そのため、昼は就職活動・夜はアルバイトという生活をしている人が多いようです。

金欠状態のときは公共施設を利用して光熱費を節約する

無職の金欠状態とは、無職であるため収入を得られない状態です。そのため、通常以上の節制が求められまずは生活習慣から見直す必要があります。外食はしない、余分なお金は使わないのはもちろんのこと、夏場の暑い日や冬場の寒い日には、図書館や公民館などの公共施設を利用して光熱費の節約をはかりましょう。日々の積み重ねが重要です。

周囲に迷惑をかけないよう金欠状態を乗り切る

無職の金欠は、いつ終わるか分からない金欠の状態を乗り切る知恵と根性が必要となります。落ち込んでいたってお金は入ってきません。その上、金欠でいつも浮かない顔をしていては、周囲の人も離れてしまいます。また、「親しき仲にも礼儀あり」とよく言われるように、もちろん友人や知人にお金を借りるということは避けなければいけません。

転職を考えているなら金欠にならにように貯蓄するべき

現在勤めている会社を退社して、転職を考えているのであれば今のうちにいかに「貯蓄をしておくか」が大きなカギとなります。会社を退職して、転職先が決まるまでは「無職」の状態です。転職活動や生活費など多くのお金が必要だからこそ、貯蓄がなければすぐに金欠状態に陥ってしまいます。今のうちから節制を心がけ、貯蓄に努めましょう。

無職の人がキャッシングでお金を借り入れるのは危険

金欠だからといって、無職の人がキャッシングは危険です。どうしてもお金が必要だから、借りたいという気持ちは理解できます。しかし、無職の状態で借り入れ可能な消費者金融会社は少なく、あったとしても一般的に「闇金」と言われる危険な会社です。後で痛い目に合わないために、キャッシング以外の方法を探しましょう!

無職で金欠の際は公共施設を利用するなど知恵と根性で乗り切ろう

収入の充てのない無職の金欠は非常につらいものです。しかし、その辛さをバネにして強く生きなければいけません。無職から一大決心して自分を変えたという人も大勢います。金欠で得た工夫や節制の癖は、後々の人生で大きく役に立つこと間違いありません。前向きに、現状と向き合いながら無職の金欠期間を乗り越えましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス