交際費は痛い出費!少しの工夫でできる節約手段

2018年2月1日節約

交際費が出る回数自体を節約する手段

Gf01a201503311800

最もポピュラーな交際費節約の手段は、ズバリ「交流する回数を減らす」です。交際費は交流する回数が多いから生じるのであり、その交流の回数自体を減らす手段であれば問題ありません。では、どのようにして交流する回数を減らしていけばよいのでしょうか。基本的には、「毎回」の交流する回数減ははばかられますが「気乗りしない誘いは断る」「飲み会は一次会しか参加しない」手段を実践してみるのはどうでしょうか。

手段として上手な断り方をしよう

こういった「交流する回数を減らす」では、上手に断る手段が要求されます。結構あるのは「明日、朝早いから…」ですが、金曜日などの休前日で飲み会を一次から断る場合は「お金がないので…」などと正直に伝えるのも手段として良いでしょう。また、二次会以降であれば「悪酔いしそうなので」というのも有効です。飲み会の参加を断るときは「仕事」「体調」「金欠」「資格勉強」「恋人/家族」をちらつかせる手段を使うと上手く行きます。

無駄な出費を出さないよう節約してみるのも手段の1つ

節約ムードが広まった現代社会では、「うまい具合に節約する」ことも不可能ではない世の中になりました。交流する回数を減らさずに節約する手法ですが、どういった手法があるのでしょうか。まず、真っ先に挙げられるのは「終電を逃さない」ことです。特に東京だとタクシーは1万円かかってしまうこともありますので、年収がよほど多くないかぎりは「金欠なので」と言えば上司も納得してくれるのではないでしょうか。

手段を実行する際は彼女に事情を気付かれないようにする

ただ、この「うまい具合に節約する」手法はやり過ぎには注意したいものです。例えば、接待の席でクーポン券を出す…なんてことははばかられてしまいますし、「交流するのはいいけれども昼間ばかり」となると懐が厳しいのだろうかと部下や彼女が事情を察してしまいますし、うまい具合に節約する…といっても違和感のある節約は5回に1回ぐらいに収めるのが無難です。

交際費はおごられる手段で節約可能

あなたが女性であったり、若手の立場であれば「おごられ」で節約することも可能です。カップルについては、最近では「ワリカン」が増えてはいるものの、それでもまだまだ女と男の収入に格差があるため、おごりおごられの関係があります。また、「大学1、2年生」や「入社3年目」など若手の立場であれば、上司におごられることもあるでしょう。これをうまく活用すると、交際費の節約にはなります。

おごられたあとはフォローを忘れずに

おごってもらったあとは、その後のフォローを忘れずにしましょう。期限は飲み会終了から翌日の朝まで。わずか短時間ですが、この間にフォローを忘れずにすると、次回からも相手は気持ちよくおごってもらえます。また、「おごってもらえる空気」であってもお財布を出して準備万端のフリをすることは忘れずにして下さい。「コイツ、おごってもらえる気でいる…!」と思われてしまうと印象ダウンにつながります。

交際費の節約はデート回数などを減らして彼女に気付かれないようにするのが良い手段

どうしても交際費の節約をしてしまうのが人間の性ですが、交際費の節約は人脈破綻などにつながってしまいますので、「ほどほどに」の範疇で収めてください。もし、交際費を一切出したくない…というのであれば「資格勉強」など何かを新しく初め、尚且つそれをしている雰囲気を積極的に出すのもありです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年2月1日ビジネス

Posted by BiZPARK