若者のテレビ離れが進む原因と今後の対策

2018年2月1日テレビ, 若者

世間のテレビ離れは本当だった!?

Concentration 16032 640

調査によると、若い年代ほどテレビの視聴時間が短いようです。また、視聴率を狙うなら中高年層が狙い目だという見方もあります。以下、統計データを参照にみてゆきましょう。

70代が最もTVの視聴率が高い!

テレビの視聴時間は若い世代ほど短いというデータがあるそうです。

テレビの視聴時間が最も長いのは70歳代で1日4時間半以上、10・20歳代の男性の平日の視聴時間は、1日2時間を切っているのです。

若者のテレビ離れの原因とは?

若者のテレビ離れはインターネットコンテンツなどの多様化にあると考えられています。一方で、もともとテレビに近づいていないという声もあります。

以下、様々な意見をご紹介します!

インターネット上のコンテンツが若者にとっては主流!

インターネットの普及及び利用時間の増加が、若者のテレビ離れを促進させているという結果があります。

Youtube・ニコニコ動画などの動画投稿サイト・GyaO!・Huluやバンダイチャンネル等の、無料・定額動画サービスを、若者は求めているのです。そのため、テレビ離れが進んでいると言われているのです。

若者がテレビ番組を見るようになる対策とは?

対策として、各国ではテレビコンテンツをさまざまな媒体で見られるようにするなどの対策が考えられています。また対策として、製作者側へ番組作りを見直す期待の声もあります。では、対策としてどのようなものが必要でしょうか。

Entrepreneur 593372 640

対策として新しくて斬新なアイディアのある番組が必要!

今の若者がテレビ離れから戻るには、新しくて斬新なアイディアのある番組が必要とされています。YouTUbe等の動画は、自分で好きなものを検索しているから、人気が出るのです。テレビは放送しているものを観るだけなので、好きではないものも観る可能性があります。

新しくて斬新なアイディアのある番組を作る事が出来れば、若者はテレビ離れから戻って来るでしょうね。

テレビ離れが若者に多い理由はインターネットの普及・対策は斬新なアイディアのある番組

テレビ離れが若者に多い理由はインターネットの普及・対策は斬新なアイディアのある番組作りです。媒体の多様化などにより若者のテレビ離れがみられます。メディアは画期的な番組作り・放送が急務です。そうでなければ、テレビ文化はインターネットによって駆逐されてしまうでしょうね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年2月1日ビジネス

Posted by BiZPARK