スーツをクリーニングに出すべき頻度と正しい保管方法

2016年11月29日クリーニング

スーツをクリーニングに出す頻度は?

Manager 462553 640

今回はスーツをクリーニングに出す頻度と出し方&保管方法についてみていきます。就活用のリクルートスーツは汚れが目立つと清潔感がなく、面接に影響してしまいます。スーツを購入してから、一度でもクリーニングに出しましたか。クリーニングに出したという人も、じゃあ次にいつクリーニングに出せばよいのかその頻度はご存知ですか?

スーツは大事に扱ってきちんとクリーニングしてから保管すれば、何年も着られるものです。ここでは適切なスーツをクリーニングに出す頻度をみていきましょう。

スーツをクリーニングに出す頻度は1シーズンに1回が理想

スーツをクリーニングに出す頻度は1シーズンに1回程度と言われています。逆にクリーニングに出す頻度が多すぎるとスーツが傷んでしまう恐れがあるのです。そのため、就活スーツをクリーニングする頻度はシーズンにつき1回で十分だそうです。

ただ、そのあとのスーツの保管やお手入れを正しく扱わないとスーツが悪くなってしまいます。単に1シーズンのクリーニングのみで就活をのりきることはできません。しっかりとしたスーツのお手入れと正しい保管方法を徹底していきましょう。

シワは陰干しで臭いはスチームアイロンで取れる

スーツをクリーニングに出す頻度は1シーズンに1回が理想です。では、スーツに臭いやシワがついてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。スーツのクリーニングに出せばOKではなく、簡単にこれらの問題を解決できるんです。まず臭いがついてしまったスーツはスチームアイロンを使うと簡単に取れます。そしてシワについては霧吹きで水をかけて、風通しのいい場所で「陰干し」すればシワがなくなります。

ただし夏場や汚れがひどいときはクリーニングへ

スーツをクリーニングに出す頻度を決めつけないようにしましょう。夏場などで汗を書いたり、飲む会などで汚れがひどい場合は素直にクリーニングに出すのがオススメです。スーツをクリーニングに出す頻度を臨機応変に変更するのも大事です。そのほか気になる汚れやどうしても取れない臭いがある場合のスーツのクリーニングに出しましょう。自分で洗濯洗剤や漂白剤を使って取り返しのつかない状態にならないように気をつけてください。

スーツのクリーニングの出し方

スーツをクリーニングに出す頻度については、おわかりになりましたでしょうか。次

スーツのクリーニングの出し方について、気をつけた方がいい点がいくつかあります。就活でスーツが汚れたからクリーニングに出そう、とそのまま出してはいけません。就活を綺麗なスーツで乗り切るためのクリーニングの出し方として、スーツをクリーニングに出す前にするべき事について紹介します。

スーツの汚れや気になる箇所を伝える

クリーニングの出し方として汚れや気になる箇所を伝えましょう。梅雨の時期は雨でスーツの裾が汚れたり、夏場は汗をかいて首やわきの汚れが気になったり、ただクリーニングに出すだけという出し方では気づいてもらえない点が多々あります。汗取りや染み抜きなどスーツの汚れで気になっている部分をきちんとクリーニング業者に伝えるようにしましょう。

スーツが必要な日と仕上がり日を確認する

何着もスーツを持っている方は気にしないかもしれませんが、とくに就活生が気にする点です。就活用のスーツを何着も持っている人は少ないと思います。スーツ1着で就活を乗り切る人もいますよね。クリーニングに出したのはいいものの、いざ就活で着ようと思ったときにスーツが手元にない!なんて事があってはいけません。

スーツをクリーニングに出すときは就活のスケジュールと照らし合わせて、時期やタイミングを計算しましょう。クリーニング業者に仕上がり時期を確認することも忘れずに。

スーツをクリーニングに出した後のお手入れと保管方法

スーツはクリーニングに出せばいいというものではありません。クリーニングに出した後のお手入れと保管方法でスーツの持ちが全く変わってきます。

就活でスーツを着る機会がいっきに増えた人にとって、スーツの保管方法なんて分からない事だと思います。ただハンガーにかけて押入れに保管、というだけではスーツを傷めてしまうかもしれませんよ。それではスーツの正しい保管方法を見ていきましょう。

Businessman 449927 640

クリーニング後のカバーからスーツを出して保管

スーツのクリーニング後はカバーからスーツを出して保管しましょう。クリーニング業者からスーツを受け取った際に、ビニールのカバーに入れられていると思いますが、そのカバーからスーツを取りだして保管してください。そのままスーツをクローゼットに保管してしまうと、湿気がたまってしまう恐れがあります。スーツは通気性も考えて保管する必要があります。そのままだと最悪カビてしまう場合もあります。

型崩れ防止のためハンガーもスーツのラインにあったものを

正しい保管方法でスーツのクリーニング後はカバーからスーツを出すと説明しました。そこでハンガーも重要です。ハンガーもスーツのラインにあったものを選び、型崩れを防ぎましょう。細いハンガーのまま長時間スーツをかけていると、どうしても型がついてしまいます。厚みのあって、スーツのラインにあったものを選びましょう。せっかくスーツのクリーニングが台無しになってしまいます。

スーツのクリーニングに関する注意点

これまでスーツをクリーニングに出す頻度・出し方・保管方法についてみてきましたが、いかがでしたか。スーツのクリーニングに対する見方が変わったのではないでしょうか。最後にスーツのクリーニングに関する注意点をみていきましょう。スーツをクリーニングに出す頻度は人それぞれ。2、3回着ただけでクリーニングに出し方もいれば、理想通りの1シーズンに一回という方もいます。

クリーニングの出しすぎは短期間でスーツをダメにする要因

スーツのクリーニングに関する注意点で、出しすぎには注意しましょう。クリーニングの出しすぎがいけないのは、スーツの羊毛に含まれる油分が洗い流してしまうからです。つまり、スーツをクリーニングに出す頻度が多いと、逆にスーツが汚れやすくなり、また短期的にくたびれやすくなります。ですので、クリーニングの出しすぎは短期間でスーツをダメにする要因となります。

定期的メンテナンスがスーツを長持ちさせるコツ

1シーズンに1回のスーツをクリーニングに出す頻度でスーツをクリーニングに出すのであれば、綺麗な状態を保つためには普段のメンテナンスも非常に大切です。着たあとは毎回ブラッシングし、アイロンでシワを伸ばすなどのメンテナンスを行ってください。これだけでも、スーツの持ちは変わってきます。

スーツをクリーニングに出す頻度は1シーズン1回!ただし日頃の手入れが大事!

今回はスーツをクリーニングに出す頻度・出し方・保管方法についてみてきましたが、いかがでしたか。スーツのクリーニングに出す場合、1シーズンに1度の頻度で良いようです。これは就活生でもビジネスパーソンでも同様です。そのかわり、日頃からきちんとお手入れをしてキレイに保つことを心がけておきましょう。

また、クリーニングの出し方には注意し、気になる箇所はきちんと伝えるようにしましょう。人に少しでも良い印象を持ってもらうために、身だしなみには気をつけてくださいね。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK