上司と話したくない!!嫌い!!と感じた時の対処法

2016年11月29日上司, 人間関係

上司と口を聞かない方法ってないの!?

Man 597178 640

上司と話したくない!!と感じた時はメールでの対応が良い◎

「イラッとするような嫌味をいってくる」「何度も聞いている長~い自慢話」

「ミスが起きるとすぐ部下のせいにする」などなど、

話しているだけで疲れてしまうような上司、あなたの周りにもいるのではないでしょうか?

そんな上司になるべく近づかずに、ストレスを溜めずに仕事をしたい。そんなお悩みを解決する方法は、やっぱり『メール』でしょう。

口を聞きたくもない上司がいる人たちは、直接話をしないためにどこまで工夫しているのでしょうか?

上司への報告などはメールで済ませて口を聞かない!

上司と話をしなくて済む一方、メールの作成に余計な時間を割くことになってしまうので、

仕事としては非効率なこともありますが……。

「どうしてもこの上司とは話したくない!嫌い!!」と思う人は、そっちの心の負担の方がよっぽど重たいです。

社内で電話越しや人伝いに会話をする方法もあるにはありますが、さすがにそこまではできません。

基本的に、メールでやり取りすることができるのは、

「連絡事項」「伝達」「報告」「挨拶」「お礼」などでしょう。それはつまり、”最低限の会話だけで口を開かないで仕事ができる”ということ。必要以上に嫌いな上司と話したくないのであれば、ビジネスメールをうまく活用して切り抜けていきましょう。

話したくない嫌いな上司にはメールで対応!それでも悩みは尽きなくて……

Lgf01a201311250900

”口を聞きたくもない・話したくない上司”にメールのみで対応していても、

どうしても電話や直接話さなければならないケースが発生してしまう場合もあります。

こちらが頑なにメールだけで対応しようとも、向こうは直接話をしたいご様子。

そんなみんなのお悩みが下記のモノです。

よく聞くパターンは、『商談中に上司から何度も電話が来る』でしょう。

大切な用があるのならまだしも、大した話でもないのに着信が何度も残っているのは、

履歴を見つけただけでイラッとしてしまいます。

■「商談中に、上司から何度も電話がかかってきたが、大切なお客様なので対応できず気が気でなかった。商談終了後に折り返すと、さして緊急ではない問い合わせと判明。メールでくれれば焦らずに済んだのに」(30代・不動産)

■「メールで済む用件を送ると、その10秒後に上司は必ず『どうした?』と電話してくる。仕事の手を止めたくないからメールしたのに、なかなか電話が終わらない」(20代・飲料)

■「不在着信に折り返したら、上司も出ない。留守電を入れてくれてないので用件がわからず、こちらも留守電に回答を吹き込めない。そんなすれ違いが2度ほど続き、電車にも乗れなかった」(20代・金融)

「口を聞きたくないから」とメールだけに頼ってはいけない!!

また、メールでは自分の考えていることや伝えたいことが、そのまま正確に伝わるとは限りません。

むしろ、誤解を生んでしまう場合だってあるのです。複雑な内容であればなおさらです。

伝えるべき事項が正確に伝わっていないと、メールを受け取った側が内容を勝手に解釈してしまう危険があります。

それらの問題を未然に防ぐ意味でも、メールだけに頼ってしまうのはNGです。

メールと口頭両方で行うべき!!

上司と口を聞かずに仕事をすることは、結論から言うと可能ではあります。

しかし、実際に面と向かって会話を交わし、打ち合わせをしていく方が効率的な業務があるのも事実。

至急の連絡や急な通知は、メールではなく電話、または直接相手と話し伝えた方がよいでしょう。

例えば、約束の前日になって予定していた打ち合わせの時間を変更したり、

約束のキャンセルを知らせたい場合などは、謝罪の意味も込めて必ずメールと口頭両方で行うべきです。

会話をしたくないからとメールだけの連絡で済ませてしまうのは、

社会人としてのビジネスマナーの心に欠けています。

上司と話したくない!!嫌い!!と感じた時の対処法は基本メールで!!

今回は、上司と話したくない!!嫌い!!と感じた時の対処法について紹介しましたが、参考になりましたか!?

上司と口を聞かない方法は、やはり『メール』を使ったやりとりでしょう。

簡単なやりとりや業務上の報告などのほとんどは、メールを使えば会話をせずにクリアできます。

嫌いな上司の嫌味や自慢、逆ギレ等の”ストレスの原因となるもの”から避けて仕事をすることが可能です。

しかし、そううまくいかないのが大人の社会。

メールでの連絡はもちろん、場合によっては面と向かって会話をすることが必要です。

意地になってメールだけでの報告に徹していると、

誤った認識を与えて大きなミスをしてしまいかねません。

上司となるべく口を聞かない方法としてメールでの連絡は有効ですが、

やはり重要事項や複雑な打ち合わせは口頭で話すべきでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK