体調不良でも仕事を頑張りたい時におすすめの食事の取り方

2019年8月21日体調不良, 食事

体調不良のときは仕事の前に温かい食事をとる

Gatag 00007647

体調不良を感じる時というのは、大抵胃腸の具合も悪くなっているものです。

体調不良の仕事の前にまずは胃腸の調子を整えないことには、栄養バランスが崩れて益々体調不良が悪化し、仕事に支障が出ます。特に夏場だと仕事中に冷たい物ばかりを食べたり飲んだりしがちで、内臓が冷えることによる益々体調不良が悪化してしまいます。

仕事の前に基礎代謝を上げて自然治癒力を強める

体調不良の時の仕事中の飲み物も温めるか常温にすることで胃腸への負担を軽減でき、速やかに吸収される様になります。仕事中、身体を温めることで血行が良くなり、基礎代謝が上がれば免疫力も付き、自然治癒力も強まるのです。但し身体が温まるからといって激辛の食事を摂ると、弱った胃腸に負担をかけてしまい体調不良に逆戻りですので注意しましょう。

体調不良の時の食事は栄養バランスが大切

特に緑黄色野菜やフルーツなどはビタミンや必要な栄養素が多く含まれていますので、一日の食事の中でバランス良く食べることが大切です。仕事のお昼で野菜を食べる場合には生野菜やサラダだと身体を冷やしてしまいますので、温野菜にして食べるのがコツです。

お昼の食事を温かいスープにすると午後の仕事も頑張れる

スープやシチューにすることで野菜を多めに食べることができますので、体調不良の際に仕事のお昼時は是非試してみましょう。栄養バランスの中で忘れがちなのがミネラルです、ミネラルは気づかないうちに体外に排出されてしまうものですので、こまめに仕事中に摂取することが大切です。食事による体調不良の改善はすぐには仕事をしていたら効果が出ないものですが、続けることにより1ヶ月、2ケ月と経つうちに健康な身体を取り戻すことができるでしょう。

仕事をする女性は食事で鉄分を摂取する

女性はダイエットをしている人が多く、一度体調不良になると長引いてしまうこともあります。

ダイエット中でも目まいや頭痛を感じることがあったら一度中断して、健康な食事をとって再度取り組む様にしましょう。特に鉄分が不足すると貧血や頭痛、目まいや集中力がなくなるなど、慢性的な体調不良になり易いものです。

Gf01a201503301700

食事に小松菜・ひじき・ほうれん草・レバーを取り入れる

もちろん男性でも外食が続くと鉄分が欠乏することになります。何となく疲れやすいと感じた時点で、鉄分を摂取する様に心掛けましょう。

食事で鉄分を摂取するには、小松菜・ひじき・ほうれん草・レバー等があります。一度に多くの量を食べるのではなく、毎日の食事に取り入れることが大切なのです。外食ばかりしている人は、積極的に食事に和総菜を取り入れましょう。

体調不良を感じたら、まず仕事より自分の食事を見直してみる

毎日健康に仕事をする為にも食事は大切です、好きな物を好きなだけ食べる習慣がある人は、今は良くても将来的に体調不良を感じる様になる可能性があります。まず、仕事よりも毎日の食事に和食を取り入れることから始めましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月21日ビジネス

Posted by BiZPARK