営業に向いてない人の特徴一覧と克服の極意

営業職

営業に向いていない人の特徴とは?

1024 cc library010001397

営業に向いていない人の特徴には、どんなものがあるのでしょうか?周りの人がどう思っているのか、気になりますよね。

ここではまず、営業に向いていない人の特徴についてみていきましょう。

営業に向いていない人の特徴リスト

  • 嘘を吐けない正確だ
  • 体育会系とは言えない
  • 孤独に耐えられない
  • 体を動かすのが好きではない
  • 価値を生み出す意欲が無い
  • 約束を破る人
  • 清潔感がない
  • ストレス耐性が無い
  • プライドが高い
  • 視野が狭い
  • 一般常識がない

上記が営業に向いていない人の特徴をまとめものです。上記に当てはまり、自分でも悩んでいた方は、この機会に直していくように努力していきましょう。

向いていない・不向きを克服!営業職の極意とは

Downtown city skyline river 640x427

自分は営業職に不向きな条件に当てはまる…。そう思って落ち込んでいる人、前を向きましょう。ここでは、営業職に向いているねと言われるようになる方法を紹介します。営業に向いてる人はコレができているのです。

「話す」より「話してもらう」ことに注力する

人というのは、基本的に「話したがり」です。

どんな人でも、自分の話を聞いてくれる人に話しますし、また、話したいと思うものなので、 「聞く」ということは、コミュニケーションの基本。聞くことは営業の基本です。

営業に向いていないと思っていたのは、ただお客様との対話方法を間違っていただけ、かもしれません。

営業ヒアリングのコツをつかむ

営業は、ヒアリングを通してお客様の本当の要望を理解して、自社が提供できるサービスです。

つまり、解決策として価値を感じて頂くことが営業の仕事です。

「営業に向いてないかも」と感じる人の傾向として「なんとか売りたい」という気持ちが先行してしまいがちです。

まずはとにかく相手から話を聞き出し、しっかりヒアリングをし、そこからお客様に必要なサービスを提案すれば、営業活動の効果があらわれるはずです。

営業向けのスキルを身につけるには商品と解決策を意識

「自分は営業に向いていないんじゃないか」と感じてしまう人は、スキル・スタンス双方で改善できることがあります。

例えばスキル面。苦手意識のある人ほど自分が思っている以上に話しすぎるものです。少し落ち着いて「相手が言いたいことってなんだっけ」と想像することで、よりヒアリングができるようになります。想像する、ということは事前の準備が非常に大事になってきます。自分が営業しようとしているお客様の課題は何か、自分の持っている商品・解決策はどのようにお役に立てるのか。これを意識して準備するだけでも当日は落ち着いて挑めるはずです。

営業のスタンスはお客様の課題を解決すること

またスタンス面では「営業は売ることではなく、お客様の課題解決」「結果は後からついてくる」と思える人ほど、高い成果を出しています。

自分が営業される側を想像してみれば、本当に欲しいか自分が納得できていない時に押し付けられても決してうれしくないはずです。目の前のお客様が本当に欲しているのはどんなことなのか?という相手目線を徹底的に守ることで、営業がいい意味で特別なものではなくなってきます。

不向きすぎてもう本当にダメだと思った人は…

営業が向いてないと思う人の多くは結果を出せないからなのです。

その結果というのが売り上げであり、売り上げ至上主義の会社ではないでしょうか。しかし書いてあるように顧客至上主義という誠意や真面目さを活かせる営業もあるのです。

自分の適性を良く知って自分はどんな営業が向いているのか、どんな営業をやりたいのか、そして根詰めればどんな生き方をしたいのか、それを見極めるのが大事です。

Cc library010010959

どうしても営業職が向いてないと感じたら思い切って転職するのもアリ

これは営業職に限った話ではありませんが、人には向き不向きというものがあります。

営業に向いてない人というのは、営業方法を間違っていて結果が出ずにそう思う人もいますが、どうしても生まれ持った性質として営業に向いていない人というのも確かにいます。

それなのに営業に向いている人と肩を並べて仕事をするのは辛いですよね。

「あ、向いてないな」

「この仕事は辛い・・・」

と感じたら、身を削って、心を削って働き続けるよりも、あなたの力を発揮できる職業を探してましょう。

キャリアチェンジを狙うなら転職エージェントの利用は必須

同じ業種・職種へ転職するなら過去のキャリアが活かせますが、全く違う仕事に就きたいと思ったらそうはいきません。職種を問わずアピールできる強みがあるという人以外には、転職エージェントの利用をオススメします。

営業に向いていない人の特徴に当てはまったら、「相手に話してもらう」を心がけよう

「営業職に不向きだ」と思われている人の特徴にはいろいろあるようです。 営業に向いていない人の特徴にズバリ当てはまってしまった人は、現状を改善する方法を試してみてはどうでしょうか。営業に向いてない人、営業に向いてる人というのは、スキルや経験だけでは埋めきれない差がどうしてもでてきます。安易に転職を決めるのはおすすめしませんが、今後の長い人生を考えて真剣に検討し結論をだすことが重要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年6月28日転職