若者の3年以内の離職率は?気になる退職事情

退職, 離職率

若者の早期退職(3年以内の離職率)は3割を超える

近年、若者の早期離職が多くなっているとの調べが出ています。平成25年に出された厚生労働省のレポートによると、卒業後3年以内の離職率は、下記のとおりになっています。

・高卒:39.2%

・短大卒:39.9%

・大卒:31.0%

このように、軒並み3割を超えているのが現状なのです。なぜ彼らはせっかく入社できたのに、すぐにやめてしまうのでしょうか。

若者が早期退職する理由の多くはミスマッチ

では、なぜ若者の早期退職が多いのでしょうか?理由の多くはミスマッチとされています。

・こんな仕事をするはずではなかった

・やりたいと思っていた仕事と違う

・社風が合わない

・労働環境に不満がある

このように、仕事内容や会社の実際が、自分の創造と違っていたというものです。「石の上にも三年」という言葉がありますが、とりあえず3年やってみるといった考えは、一昔前のものになっているのでしょう。

若者の早期退職を考える

若者は、思ったより大変だったからというような安易な考えだけが、早期退職の理由ではありません。ミスマッチが主な原因であるということを、しっかりと認識する必要があります。このミスマッチを防ぐ対策を練ることが、若者の早期退職を防ぐ方法となるでしょう。転職は、今やキャリアアップのためには当たり前とも言えるものになってきていますが、それはまた別の議論になります。企業の採用、また、若者の就職において、ミスマッチがある可能性を念頭に置いた活動が必要になるといえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月14日転職