適切な言葉使いを身につける!丁寧語についてのビジネスマナー

2016年12月14日丁寧語

丁寧語は敬語のなかの1種類

Conference room 768441 640

丁寧語は、敬語の1つです。敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類あり、ビジネスマナーとしても最も使用されるのが丁寧語なのです。

日常的に使用される丁寧語

ここでは、日常的に使用される丁寧語をご紹介します。

「する」→いたします

「言う」→申し上げます

「行く」→参ります

「来る」→来ます

「知る」→知っています

丁寧語は、自分をへりくだるときに使用する謙譲語や、目上の人に使用する尊敬語と違い、普段からビジネスマナーと気にせずに口にしているものも多いのではないでしょうか。

ビジネスマナーとしての丁寧語

では、丁寧語をビジネスマナーとして使用するのはどんな時でしょう。例としては次のものがビジネスマナーとして把握しておくべき丁寧語です。

「分かりました」→「かしこまりました」

「車が来る」→「お車が来ました」

「登録する」→「ご登録お願いします」

以上は、ビジネスマナーとして把握しておくといいでしょう。

丁寧語では頭に「ご」や「お」を付ける

上記で紹介した「電話」と丁寧語にするときは「お電話」、「心配」のときは「ご心配」など、言葉を丁寧語に言い換えるときは「ご」や「お」を付けるケースが多いです。これらも一緒に把握しておくことをおすすめします。

ビジネスマナーで使用する丁寧語はある程度把握しておくべき

ビジネスマナーとして以外にも、丁寧語は日常生活でも使用する機会が多いものです。そのため、ある程度の丁寧語は把握しておくことをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月14日ビジネス

Posted by BiZPARK