「お付き合いください」の正しい言い方と丁寧な言い換え

丁寧語, 敬語

ビジネスでは「お付き合い」はお願いするもの

Manager 1507506 1280

まず大前提として、ビジネスでは「お付き合い」というのは、お願いするものです。そのため、「お付き合いください」とカジュアルないいまわしをするのではなく、よりしっかりと、「お付き合いくださいますよう、お願い申し上げます」といった伝え方をするのが正解です。あるいは「お付き合いの程よろしくお願いいたします」とするのもアリでしょう。「お付き合いください」とカジュアルに言わないように注意してください。

「今後とも」や「末永く」をつけたすとより丁寧になる

さらに、これからのお付き合いをお願いする文言では、「お付き合いくださいますよう、お願い申し上げます」だけを述べるよりも、その前に枕詞的に、「末永く」「より一層の」「今後とも」などの言葉をつけていった方がより正しい日本語になります。そのため、ビジネスで「お付き合いください」と言うならなら、「ください」を変えて、その前に枕詞をつけましょう。

「お付き合い」を「お取引ください」とするのも適切

ビジネスで言うところの「お付き合い」とは、すなわちお取引のことです。ですから、「お付き合いください」という旨の言葉をビジネス上で使っていくのであれば、「お付き合い」を「お取引」といっても正解だといえます。「お取引ください」と言うことでさらにビジネス感はましていくので、より正しい日本語の気配が出るでしょう。

お取引の場合は後ろを「お願い申し上げます」とする

「お付き合い」を「お取引」にかえたとしても、その下に来る言葉が「ください」から「お願いします」に変わるということは変わりません。お付き合いだけでなく、お取引というのもお願いするものですから、その下にも当然「ください」ではなく、「お願い申し上げます」、その上には、「末永いお取引を」、のように枕詞がくるのです。

「お付き合い」を「ご指導ご鞭撻」と言い換えるのもあり

「お付き合い」は、ビジネスの上で使用するのであれば様々な言葉に言い換えていくことが出来る言葉です。上記のような「お取引」だけでなく、「ご指導ご鞭撻」という言葉に言い換えていくこともできます。「ご指導ご鞭撻」とは、厳しく指導して下さいと言う意味です。それはつまり、末永く「お付き合いください」ということだと言えます。

「末永く」と「お願い申し上げます」を加えるとより丁寧になる

「お付き合いください」とビジネス言葉に言いかえる際には、「今後ともご指導ご鞭撻の程、お願いいたします」と言えばスムーズに伝わるでしょう。しかし、「ご指導ご鞭撻」にはより丁寧になる言い方があります。それが、「末永くご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます」です。こういったいい方も覚えておくと良いでしょう。

「お付き合いください」を使う際は上に枕詞をつけ語尾を「お願い申し上げます」にすると丁寧

「お付き合いください」をビジネスシーンで正しく使う方法の紹介でした。ビジネス上で「お付き合いください」を使っていくのであれば、「お付き合い」も言い換えていくのが良いですし、「ください」も当然言い換えていき、その上に枕詞をつけていく必要があります。これらを参考に上手く言い換えて、よりしっかりした言葉遣いを身につけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス