「ご放念ください」という言葉の意味と使い方

2016年11月29日日本語

「ご放念ください」は気にしないでという意味

Glasses 983947 1280

「ご放念ください」は、「気にしないでください」と言う意味になります。「放念」が気にしないという意味なので、「ご放念ください」は、それを丁寧に言った言い方になるでしょう。「気にしないでください」というと、とてもカジュアルな感じがします。親近感はわくかもしれませんが、ビジネスではあまり適切とは言えないのではないでしょうか。

「ご放念ください」なら品がある

「ご放念ください」は「気にしないでください」という言葉に比べて、はるかに品のあるように聞こえます。そうしたちょっとした言葉遣いが与える印象というのは、社会人においてとても大切なことです。そうしたところから、信頼に足る人物かどうかを判断されてしまいます。

「ご放念ください」は電話口などで使う

気にしないでという意味のある「ご放念ください」は、どんなところで使っていくのが良いのでしょうか?「ご放念ください」と言う言葉は、やはり電話口などで使うのが一般的です。たとえば、何かの伝言を頼んでいたけれど、やっぱりその電話の途中でそれが必要なくなった時などに、事情を説明したのち、「先ほどの件はご放念いただけますでしょうか?」といった風に使います。

強制的に聞こえないように言い方に注意する

電話で「ご放念ください」と言うのは、いささか強制的に聞こえてしまうのでよくありません。今の件は気にしないで下さいと言われると、どことなく不快な印象を抱く方もいるでしょう。ですから、気にしないでもらえますか?という風に聞かせるために、「ご放念ください」と言う言葉は、「ご放念いただけますでしょうか?」といった風に変換して使うのが正解なのです。

「ご放念ください」は「忘れてください」という意味でもある

「ご放念ください」という言葉は、忘れてくださいと言う意味でもあります。たとえば何かの間違いメールを送った際などに、削除の上「ご放念ください」、と言う風に使ったりします。この場合も「ご放念ください」という言い方ですと、一方的に感じられてしまう可能性がありますから、「ご放念いただけますでしょうか?」とするのが正解です。

気にしないでも忘れないでも似たような意味

ただ「気にしないで」というのも「忘れてください」というのも、似たような意味だと言えるので、この使い分けに関してはあまり迷うことはないでしょう。「ご放念ください」と言う言葉がそういうシーンで使われる言葉であるということさえきちんと覚えておけば、それで問題はないと言えます。「忘れてください」も「気にしないでください」も色々なシーンで使うので、これから使用機会はたくさんあるでしょう。

「ご放念ください」は「忘れて・気にしないで」の意味で電話やメールで使う

「ご放念ください」は、「忘れてください」や「気にしないで」の意味で、電話やメールで使うというものです。こうした言葉を使いこなせるようになると、社会人としての品もぐっと出てくるので、しっかりこの機会にこの言葉をマスターしていくと良いでしょう。日常の会話の中ですっとこれが出てくるようになれば、一人前の社会人であると言えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK