会社から退職に追い込まれそうな時にやるべきこと|自己都合で解雇される危険性

解雇, 退職

退職したくないのに、退職に追い込まれる現実

今の職場への不満は全くないのに、ある日突然、出向を命じられたり、思わぬ部署への異動などにより、自分がリストラの対象であることを初めて知ることがあります。今の日本の企業は、どこも安定していて将来も有望であるという場所はほとんどありません。できれば、今の業務かつこの職場で、定年までがんばろうと一生懸命仕事に打ち込んでいたとしても、突然にその日はやってきます。現在は、何千人、何万人という単位でのリストラを余儀なくされている企業も多いので、自分がその対象になったとしてもついていないな、運がなかったなと思う程度にとどめておきましょう。リストラの対象になると、自分自身が無能なのではないかと悩む人がいますが、そんな必要は現代ではあまりありません。

会社の対応には冷静に対応しましょう

今までがんばってきたのにという思いから、腹立ち紛れに退職を願い出てしまう人もいますが、それは間違いです。きちんと会社との話し合いや、資料などを証拠として残しておくことが必要となります。話し合いの際には、録音をしておくようにすると、言った、言わないという無駄なやり取りをしないですみます。また、会社側から辞めてほしいというような内容のことを言われた場合には、退職勧告なのか、解雇なのかをきちんと確認するようにします。また、会社側からの要望の時には、金銭的な保証も含めての話し合いが必要となりますので、自分の希望する内容でなければ、話し合いを保留にするなどの対応も必要となるのです。とにかく、会社とは冷静に話し合い、どういった内容での退職をするのかを決めていきましょう。

自己都合の退職に追い込まれると、金銭的に不利な状態になる

会社側からの申し出なのに、自己都合退職に追い込まれてしまうことも多いです。しかし、自己都合の退職ですと、失業保険のお金もおよそ3ヶ月近く遅れての支払いとなるのです。金銭面でも不利な状態になるので、注意しましょう。

転職活動をしながら、退職に備えるのも賢いやり方

突然の出向や異動により、ほとんど業務がないような仕事を任されることもよくあります。精神的につらくなってしまいがちですが、時間がたくさんあるこの時期にこそ、転職活動をはじめてしまうのがいいでしょう。お金をもらいながら、会社で転職活動をするのも賢いやり方になります。

会社から退職に追い込まれそうになった時にやるべきことは内容の確認や証拠を残すなどの冷静な対応

ここまで、会社から退職に追い込まれそうになった際にやるべきことについてみてきましたが、いかがでしたか。退職したくないのに、退職しなければならない状況に追い込まれるということも、今の時代では増えてきました。対策を事前に知っておくことで、リスクに備えるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月26日転職