一年で退職はあり?決断前に知るべき現状と転職のコツ

2016年12月9日新入社員, 退職

社内での人間関係が悪い場合、一年で退職する人がでてくる

Sphere ana

入社した会社が自分の理想通りでなかった場合でも、自分なりに目標を持って働いていくと段々と仕事に対して興味を持てるようになる人もいます。

しかし中には仕事だけではなく人間関係にうまく馴染めずに、完全に孤立してしまう方もいるのです。仕事がつまらなくても人間関係が良ければ働き続けられるものですが、仕事も人間関係も合わないのでは精神的にストレスとなります。そのような場合、入社して一年で退職という可能性も十分あります。

ストレスから体調に異変がでるようなら一刻も早く退職を

仕事に加えて人間関係でもストレスが大きい場合、入社1年目でもかなり精神的に影響を受けます。もしも「毎日出勤すると頭痛がする」「夜眠れない」「動悸がする」等、体調に変化がある様ならば、一年で退職であれ何であれ、早めに退職をした方が自分の健康のためとなります。

これから長く続く将来を考えて、早めに見切りをつけ一年で退職することも考えましょうましょう。

入社一年で退職する際はボーナスも退職金も期待できない

入社一年で退職をするとなると、もちろん退職金は出ません。ボーナスが1回分出るか出ないかとなります。就業規則によりますが、入社1年目はボーナスがないところもあれば、支給日に在籍していなければ貰えない、というところもあります。

入社一年で退職をされる際には、このようなボーナスや退職金に期待しないようにしておきましょう。

退職を決めたら生活費を確保する

退職してから転職先を探すとなると、翌月に無事に転職できても1ヶ月以上給与がない状態となる可能性があります。

1人暮らしの場合はまず、生活費を最低2ケ月分は確保しておく必要があります。1ヶ月経っても転職先が見つからない場合には、とりあえずアルバイトを探した方が良いでしょう。

一年で退職したからといって転職活動で不利になるとは限らない

入社一年で退職をすることで今後の転職活動に不利になるのでは、と心配する人もいますが、そうとは限らないものです。

むしろまだ若いので給与も新人と同じレベルで済む上に、社会人としてある程度使える状態になっていることから、退職理由が真っ当であれば、中途採用として歓迎される可能性もあります。

Winter

採用担当者が納得する退職理由を考えておくと◎

転職をする際には、「なぜ一年で退職したのか」という質問を採用担当者にされるでしょう。大切なのは前の会社に対する不満ではなく、前向きに「自分がやりたいこと」を述べること。

そして「早く軌道修正をすればそれだけ早く自分の目標に近づけると思った」というと良いです。

入社一年で退職したあとの転職活動では採用担当者が納得する辞めた理由を用意する

入社して一年で退職する決断をする前に知っておくべき現状と、転職活動のコツを紹介してきました。

「入社したら少なくとも3年間は勤続しないと経歴にならない」と言われています。しかし実際に求人の多くには20代前半から募集しているところもあり、未経験OKという企業も多くあります。

入社一年で退職をしても、「実務経歴1年」です。若いうちだからこそまだやり直しが効くのだと思っていいのです。確かに耐えるのも大事かもしれませんが、体を壊したり、明らかに見込みのない会社に留まる必要はありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日転職

Posted by BiZPARK