給与と同時に受け取れる手当の種類について

2016年12月9日手当

手当は給与と一緒にもらえる

Hand 517114 1280

給与は、基本給と手当がついて、月給いくらといった形になります。ですから、月給が同じような人でも、諸手当がついて月給となるのか、基本給が高いけど、他の手当の種類がそれほどついていない場合もあります。ですから、給与形態をよく知っておくことが大切なのです。

手当よりも基本給が高い方が労働者にメリットが多い

給与形態で、手当の種類がたくさんついていた方が、福利厚生がしっかりとした会社だと感じるでしょう。基本給が高くて手当の種類がたくさんついているならうれしい限りですが、基本給が低くて手当でごまかされていると少し感じるかもしれません。基本給が高い人は、賞与は基本給から計算されることになるため、それだけ賞与が高くなります。ですから、基本給が高い人の方がうれしいこともあります。

給与といっしょにつく手当の種類として【家族手当】 【通勤手当】【住宅手当】【職務手当】などがある

給与につく手当の種類はいろいろありますが、よく見かける手当としてあげられるものは、通勤手当、家族手当、住宅手当、職務手当等でしょう。そして他には役職手当等が良く知られている手当です。給与の手当は、おまけだと思っている人が多いでしょうが、手当だけで給与の一割くらいを締めるので、決しておまけではありません。

手当は労働者の生活を豊かにする

手当給与の手当の種類で、生活に関連する手当には、家族手当、通勤手当、住宅手当、出向手当等があげられます。これは、家族を扶養する人がいるための生活を守るための手当です。扶養家族がいる人にはなくては困ってしまう手当といえます。そして、家から遠いところに出向する人にも家族と離れて生活をしなければいけないので、それだけ手当がつきます。福利厚生がしっかりとした会社ほどこの手当が多いものです。

手当があれば受け取る賃金も多くなる

給与の手当の生活に密接に関連してくるものの種類が多ければそれだけ、家族が守られることになります。この生活のための手当は、仕事が出来る出来ないと関係なく、ずっと何年もの間、受け取り可能な手当です。ですから、この金額が多ければそれだけ、受け取る賃金も安定してきます。ですから、家族にとって会社の手当がとても役に立つと感じるはずです。

給与の手当は会社によってことなっている

会社によって、どんな種類の手当がいくら出ることになっているのかは、会社によって異なります。ですから、会社を選ぶ時には手当について良く考えて就職を決めましょう。なかなか給与のことで入社する前に聞く事が難しく、どうしても給与が出てから知ることになる手当ですが、出来ることなら、自分と家族のために、事前に確認をしておくことが大切です。

会社を選ぶ際には給与と手当の種類も意識して選ぼう

給与には、いろいろな種類の手当がついていますが、その中でも扶養家族がいる人だけにつく手当も多くあります。これは、仕事が出来るか出来ないは関係なく、家族のために会社が出す手当です。この手当によって給与が毎月安定してもらえることで家族が守られている人は多いはずです。その他の種類の手当では仕事が出来る人のための役職手当等もあります。どの手当も従業員のための手当と言えるでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日転職

Posted by BiZPARK