「問題ございません」は正しい?知っておくべき敬語表現

敬語

敬語として「問題ございません」は正しい言葉遣い

Business 437020 640

「問題ございません」という言葉は、敬語として正しい言葉遣いになります。日本語では良く、実は敬語としては間違っている言葉遣いが指摘される場合が多いものです。例えば、「よろしかったでしょうか?」などがそれにあたります。それにつられて「問題ございません」も間違えた言葉遣いなのでは?と思いがちですが、それは正しい言葉遣いです。

正しい敬語なので自信を持って使うべき

むしろ、逆に「問題ござません」という言葉を他の言い方で表現した方が、敬語として間違えた日本語になる場合が多いです。「問題ございません」という言葉は、ビジネスシーンでも自信をもって使っていって良い日本語だと覚えておきましょう。では、「問題ございません」の別の言い方で、敬語として間違った言葉遣いにはどんなものがあるのか、見ていきます。

「結構です」は間違った敬語になる

「問題ございません」と似たような言葉として、「結構です」という言葉があります。たとえば「~しても大丈夫ですか?」と聞かれたら、「しても良い」という意味で、「結構です」と答えたり「問題ございません」と答えたりするので、同じように使われるのです。しかし、この「結構です」は、敬語としては良くない言葉になります。

目上の人には使えない

「結構です」という言葉が敬語として正しくないのは、「問題ございません」とは違い、目上の人には使えない言葉だからです。基本的に目上の人に向けて使う場合が多いのが敬語ですので、目上の人には使えない言葉というのは、間違いなく間違った言葉遣いとなります。どことなく上から目線の言葉ですから、そのように敬語として使えないのも当然と言えるでしょう。

「構いません」も冷たい印象になる敬語のひとつ

同じく「問題ございません」や、「結構です」と似たような表現で、「構いません」という表現もあります。しかし、この「構いません」という表現も敬語としてはいささか不適切なところがあるのです。というのも、「構いません」という表現は、「問題ございません」と比べて冷たい印象になります。冷たい印象の言葉というのは、やはり敬語としては不適切と言えるでしょう。

許可調の言葉に聞こえてしまう

「問題ございません」という言葉は、「それをしても特別問題はないですよ」というニュアンスを伝える言葉になります。それに対して「構いません」という言葉は、「別に~をしてもかまわない」と、許可調の言葉に聞こえてしまうのです。それが冷たく聞こえてしまい、敬語としては不適切な印象の言葉となります。

「問題ございません」は敬語として適切で「結構です」などを使わないようにすべき

「問題ございません」は敬語として正しいのかを見ていきました。「問題ございません」という言葉は敬語としては適切で、むしろ「構いません」や「結構です」のようにきちんとして聞こえる言葉の方が、敬語としては不適切な面があるのです。「問題ございません」が自然と出るように、意識していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス