「指導を受ける」の敬語表現の正しい使い方【謙譲語・尊敬語・丁寧語】

尊敬語, 敬語, 謙譲語

「指導を受ける」の敬語表現と敬語の基礎知識

Machine writing 1035292 960 720

敬語とは、話し手が相手や他社に対して敬意を表す言語表現のことです。平成19年に国の機関が定めた「敬語の指針」では、敬語は以下の5種類とされています。相手を高める尊敬語、自分を低くし話の相手などを高める謙譲語Ⅰ、丁重語ともいわれる謙譲語Ⅱ、丁寧語、そして美化語です。状況やお互いの立ち位置、自分の気持ちなど様々なことを考慮して、適切な敬語を用いるようにします。特に間違いの多い尊敬語と謙譲語の混同など、注意すべき点を挙げながら、状況に応じた「指導を受ける」の敬語表現を説明していきます。まずは、尊敬語を用いる際の表現です。

指導を受けるの尊敬語では「御指導下さる」

動詞の尊敬語には、尊敬語特有の形=特定形を使うパターンと、「お(ご)・・・になる」と応用できるパターンがあります。冒頭の「御指導下さる」は「くれる」を尊敬語の特定形である「下さる」にしています。尊敬語では名詞や形容詞も丁寧語にするとよいでしょう。ほかにも、「御指導なさった」という表現もあります。「なさる」とは「する」の尊敬語の特定形です。また、尊敬語を用いるときは文末も「である調」ではなく、「です・ます調」にすることが一般的です。冒頭の例でいえば、「御指導下さってありがとうございました」という文が、指導を受けるの尊敬語の敬語表現としての理想形です。

「指導を受ける」の敬語表現・謙譲語は「御指導いただく」

謙譲語には2種類あると冒頭で紹介しました。謙譲語Ⅰは、尊敬語と同様に特定語を用いて謙譲語にするパターンと、「お(ご)・・・する」と応用できるパターンがあります。指導を受けるを謙譲語Ⅰで表現すると、「御指導いただく」となります。具体的には、入社した会社への挨拶において、「業界未経験ですので、色々と御指導いただけますと有難く存じます」といった使い方ができます。「指導していただく」でも構いません。この場合は、指導するという動詞なので「御」はつけません。

謙譲語Ⅱにおける「指導を受ける」の敬語表現は「〜して参ります」

謙譲語Ⅱは、自分の行為を相手に丁重に述べるときに用います。指導を受ける、の表現は「指導いたします」「指導して参ります」となります。たとえば、塾の宣伝文句として、「未就学児からご年配の方まで指導いたします」「懇切丁寧な指導をして参ります」という表現ができます。謙譲語Ⅱはすっきりとして聞こえるため、好まれる人が多いようです。

「指導を受ける」を様々な敬語の表現の仕方

ここでは、尊敬語と謙譲語に限らず、具体的なシーンにおける使い方をご紹介します。ビジネスの場において「指導を受ける」という言葉を使うとき、次のような別の言葉で置き換えができることがあります。「諸先輩方のご指導賜りたく存じます」賜るとは、「もらう」の謙譲語です。そして、「与える」の尊敬語でもあるのです。たとえば、「博士は見習い弟子に研究手法を御指導賜った」と、少し堅苦しい表現にはなりますが、使うことができます。

助詞の使い方には注意が必要

自分が先輩から指導を受けたという内容を、「くださる」と「いただく」で表現すると次のようになります。私は先輩から御指導いただいた。先輩は私を御指導くださった。

よくある間違いとして、「先輩が指導していただいた」というものがあります。敬語で迷わないコツは、敬語の元の意味を考えることです。

・くださる=くれる

・いただく=もらう

と元の意味に戻して考えることで、敬語の間違いを防ぐことができます。

指導を受けるという表現は敬語・尊敬語・謙譲語があり使い方も多種多様

指導を受けるという意味を敬語で表現することについて、尊敬語、謙譲語の立場から様々な表現方法をご紹介しました。主語を誰にするのか、立場や、品詞など、考える要素は多々あるため、考え出すとわからなくなってしまうかもしれません。敬語表現を間違ってしまうと、鋭い人にはすぐに気付かれてしまいます。日頃から、本や新聞を読み、良質な日本語に触れることで自然と正しい敬語表現も身に着くものです。それでも混同してしまったときは、相手の立場になって、自分が言われる身になって考えてみるとわかりやすいかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス