「お気遣いなく」をビジネスで使用するときの言葉の使い方

敬語

会話やメールでの「お気遣いなく」の使い方:感謝の言葉を添える

1024 cc library010001397

「お気遣いなく」を会話の中や、メールなど文章で表す時は、「ありがとうございます。こちらで対処いたしますので、お気遣いなく。」や「お気持ちだけ頂戴致します。どうぞお気遣いなく。」のように、言葉の前に、心遣いに対しての感謝の言葉を添えると、より丁寧な断り方になります。気を使ってくださる気持ちを無にしない断り方を身に付けたいものですね。

使い方が「お気遣いなく」と似ている言葉は「お構いなく」

似たような意味で、「お構いなく」という表現がありますが、こちらの表現は相手を少し突き放したように聞こえてしまいます。年齢の近い人に使う分には問題ありませんが、目上の方に使う言葉ではないので、伝える相手を間違うと失礼になります。日本語は表現が少し違うと、意味の似た言葉なのに伝わるニュアンスが変わる事がありますので、使い方には十分注意しましょう。

「お気遣いなく」は遠慮の言葉として伝わる場合がある

特に訪問時のお茶やお菓子など、お気遣いなくと言っているのにも関わらず、そのまま勧められる事があります。先方としても、お客様に何もお出ししないわけにはいかないので、形式として出しているだけです。なので本当にいらないなら口にしなくても良いのです。でも高額すぎる御礼など本当に遠慮したい物の場合、「お気遣いなく」のような言葉の使い方ではなく、断固とした拒否でないと伝わりません。

「お気遣いなく」の言葉を乱用しない

たまにならいいのですが、何でもかんでも「お気遣いなく」と答えるような使い方をしていると、自分にはそんなつもりがなくても、相手の親切心を拒否した言葉と受け止められ、嫌な気持ちにさせる恐れがあります。本当に気遣われなくなる前に、「お気遣いなく」という言葉を使うのはほどほどにした方が良いでしょう。円滑な人間関係を築く上で、適度な甘えも必要です。

「気遣い」は日本独自の言葉の使い方

英語での「気遣う」を表す単語は“Considerae”となり、相手の身になって考える事を指します。日本語における「思いやり」と言葉の使い方が近いでしょう。“Concern”になると「心配する」という意味合いが強くなりますので、病気や、悪いことが起こった時にかけて貰った言葉に対して、お気遣いありがとうございますの意味で“Thanks for your concerning. ”と返します。

英語での「お気遣いなく」の使い方の例

「どうかお気遣いなく」という文章になると“You don’t have to do that. ”“Just be yourself.” “You can’t do that.”となり、気遣いを意味する“Considerate”や“Concern”は使われません。少し砕けた表現だと、気を使わなくていいという意味で使われます。日本語だと上司に使うにはためらわれる表現ですが、英語なら心配無用です。

お気遣いなく」という言葉は相手に感謝の気持ちが伝わる使い方で

普段何気なく口にする「お気遣いなく」という言葉ですが、少しのニュアンスの違いで否定的な表現になることもあります。人間関係を良くする為の「お気遣いなく」の使い方としては、まず相手に対する感謝の気持ちを伝えるのが重要になります。日本語には敬語や丁寧語、謙譲語などがあり複雑ですが、使いこなせるコニュニケーションスキルを磨く事は人と関わる職業には必要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス