「ご入用」という敬語の意味と正しい使い方

敬語

ご入用という言葉の意味

Conference room 768441 640

ご入用、という言葉をビジネスシーンで聞いたことがあると思います。あまり日常生活では使う事のない敬語で、かしこまった印象を持つ人も多く、ちょっと使いどころの難しい言葉です。しかし、打ち合わせ系など、特にビジネスの場においてきちんとした敬語を使える事は、良好な人間関係を構築できるスキルに繋がります。しかし正しく敬語を使う為には、その言葉の意味を正確に知る事が必要です。そもそもご入用という言葉は、入用という言葉をベースに頭に御をつけて敬語化したものです。打ち合わせ系などの場で使う際の注意点を説明します。

ご入用とは必要な物品やお金が発生したときに使う言葉

ではその入用とはどのような言葉なのでしょうか。辞書を引いてみると、入用とは「用事のために必要なこと」「必要な費用」という意味を持っているとわかります。つまり、何か必要な物品やお金が発生したときに使う言葉です。しかし、類似の意味を持つ言葉は多数存在します。ではどのシーンでご入用という言葉が出てくるのでしょう。打ち合わせ系などの場で使えるかも合わせてご説明いたします。

ご入用を使う事で、相手を持ち上げ慮る

ご入用は自分が下手から出て行く印象を与えます。立場が上の人間は、下の人間に頼る事が基本的に出来ません。金銭や物品の関わる事では特に難しいです。普段は上の者が下の者に色々してあげる、というのが普通なのですが、時にそうではない状況が出てきます。この時、上の者が困っているのを見て手助けするときに出てくる敬語がご入用です。打ち合わせ系などの場で、自分が下の立場なら使えます。

「ご入用ですか」は謙譲語になる

「ご入用ですか」という敬語を使用する事で、相手に「自分は立場が下ですが、今困っているあなたの為に一肌脱ぎたいと思っています。是非力を発揮させてください」という印象を与えます。ここで「必要ですか」を使うと均等の立場での物言いになってしまいます。「出してあげる」なんかは論外です。打ち合わせ系などの場でも相手の立場を落とすことなく、相手に助力の出来る敬語、それがご入用という言葉の力です。打ち合わせ系などの場では目上の人間に対して使用しましょう。

正しい敬語を合った相手に使い自分の評価をあげる

入社したての新人やまだまだルーキーの社会人にとって、社内における自分の立ち位置や環境づくりは、長く働く為の地均しとして重要なファクターです。誰にでも敬語を使うのは悪い事ではないですが、同僚や近い年代の人間に堅めの敬語を多用すると距離を置かれますし、逆に年齢や役職が上の立場の人間にフランクに接すると、手痛いしっぺ返しを食らう事があります。打ち合わせ系などの場でも、相手を考えて使い分けられれば効果的です。

ご入用と言われて嬉しいと思う相手に使う

もちろんこれは一般的な考え方であって、逆の方が正解という相手も少なからずいます。今回取り上げたご入用という言葉は、年齢や役職が上の人間に使うべき言葉です。そして、どちらかといえば強めの敬語です。敬語を話す時、相手がどのように接すれば喜ぶかを認識して話すのが最も重要です。ご入用という言葉を使われて嬉しい相手は誰か、それを考えて使うことで相手からの評価を得ることが出来ます。うまく使えれば打ち合わせ系などの場でも相手に一目置かれるでしょう。

ご入用という言葉を知らない人も多い

この言葉は謙譲語でもあり、かつ知っていると「お、」と思ってもらえる言葉遣いなのですが目上の方でも知らない方が非常に多いという現状ではありますので相手によっては使わない方が良いかもしれないという点は是非おさせておくべきでしょう。

打ち合わせ系などの場での「ご入用」という敬語の意味となぜこの言葉を使うかの理由

打ち合わせ系などの場で使われることのあるご入用という言葉。

ご入用という敬語は、堅く重い印象があります。しかし元々このご入用という敬語は、入用という昔からの一般の言葉を敬語化しただけのものです。今では日常であまり使われなくなったこの言葉ですが、打ち合わせ系などの場や、ビジネスシーンにおいては使用されています。この言葉を使う事で相手を思いやりつつ助力する事が出来ますが、意味を知り相手を見極めないとただの形式だけの言葉になってしまいます。打ち合わせ系などの場所で若い人がきちんとこの言葉を使うことができれば、評価アップに繋がります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス