「感銘を受ける」の意味と正しい使い方

語句

「感銘」の意味は「忘れられないほどの深い感動」

Gerbera 1283205 1280

そもそも「感銘」とはどういう意味なのでしょう。感銘の「銘」は「座右の銘」と同じ字を書きますね。「銘」の字には「特に優れたもの、名を刻む」といった意味があります。それが感情、感動などの「感」と熟語を作り「感銘」となることで、「忘れられないほどの深い感動」という意味になります。漢字の意味を1つ1つ考えることでより分かり易くなりますね。

「感銘を受ける」は人生に影響を与えるほど感動したという意味

それでは、「感銘を受ける」の場合、どのような意味になるのでしょう。それは、「忘れられないほどに深く感動し、心に刻みつけること」という意味になります。その後の人生における選択や考え方に影響を与えるほどに感激した、というような意味で用いられるので、とても良い言葉として使われています。面接や志望動機でもよく使われる言い回しですね。

「感銘を受ける」の正しい使い方の例

それでは、「感銘を受ける」の正しい使い方についてみていきましょう。基本的にはポジティブな使い方をされますので、

「恩師の言葉に感銘を受けた」

「彼の生き方にはとても感銘を受ける」

「御社の経営理念に深い感銘を受けた」

などとなります。基本的に何か素晴らしいもの、心を突き動かされる事柄の後につけると、スムーズな文章になるでしょう。

「感銘を受ける」は目上の人に対して使う言葉

「感銘」と「受ける」は必ずセットで使わなければいけない、というわけではありません。「感銘する」という使い方も間違いではありません。ですが、「感銘」は基本的に目下の人が目上の人に対して使う言葉です。その場合は、「感銘いたしました」のように丁寧になるようひと工夫することで違和感のない使いまわしができます。

上司の話などに対して「感銘を受ける」を使うのが理想

ビジネスのシーンで、上司の話にとても感心した、ぜひこの気持ちを上司に伝えたい、と思われることもあるでしょう。その気持ちや心がけは大変結構です。ですが、上司に「今日のお話、非常に感心いたしました」というのは、目上の人間である上司に対し失礼に当たります。このようなときは、「感銘を受ける」の出番です。「今日の上司のお話に、非常に感銘を受けました」と言えば失礼にならず、上司もすんなり受け取ってくれるでしょう。

「感銘に見舞われる」という使い方もする

「感銘」にはなんと、悲しい感情を表現する言い方もあるのです。その使い方は「感銘に見舞われる」です。「見舞われる」は「望んでいなかったもの、好ましくないものに遭遇する」という意味を持ちます。少し難しいのですが、「悲しい感銘に見舞われる」とすると「感動的ではあるが非常に悲しいものに遭遇する」のような意味を示すのです。めったに使うことはないと思いますが、頭の片隅に入れておいてください。

「感銘を受ける」の意味は「深い感動」であり目上の人に対して使うのが正しい

「感銘を受ける」の意味と正しい使い方について見てきました。「感銘を受ける」の意味と使い方を、ご理解いただけましたか。「感銘を受ける」は良い言葉ですが、だからといってたくさん使うと、なんだか胡散臭い雰囲気になってしまいます。日常的に使うのではなく、ここぞという時に使いましょう。「感銘を受ける」をさりげなく使えれば、デキるビジネスパーソンとして周囲から一目置かれるかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス