希望と要望の違いとそれぞれの使い方

2018年9月26日語句

希望とは物事の実現を待ち望むこと

Sun

希望と要望の違いを知るには、まず「希望」について知る必要があります。「希望」とは、事物の実現を待ち望むことをさしますが、その望み自体を表す場合もあります。英語で希望は「hope」となり、この言葉は日本でもよく聞かれるため、想像がしやすいでしょう。

神学的な徳のひとつでもある

「希望」は「冀望」と書く場合もあります。ある事象や事物が実現する事を待ち望むことやまたはその望みであったり、将来の明るい見通しを指して用いることや、欲求を表す言語をさす場合もありますね。また、「希望」はキリスト教における神学的な徳のひとつとも考えられています。

要望とは物事の実現を強く求めること

希望と要望の違いを見るために、要望とはなにかについてご紹介していきます。要望とは、物事の実現を強く求めることをさします。さきほどのように、英語で表現するとすれば、「hope」ではなく、「requirement」や「demand」になりますが、これらの単語はあまり日本人になじみがないかも知れません。

要望の類義語に要求や要請がある

要望とよく似た言葉として、要求や要請などがありますが、これらも少しずつですがニュアンスが違います。当然の権利として求めるようなニュアンスや、生理的に欲しがる場合には要求が使われるのです。また、要請は、必要な物事を強く願い求めることを指します。

相手に対しての望みの場合は要望を使う

最後に、希望と要望の違いを詳しくご紹介していきます。希望が、物事の実現を待ち望んだりやその望み自体をさすなど、自分が望むような場合に使われるケースが多いでしょう。対して、要望となると必要なものとして「相手に」対して求める違いがあります。自分が望むだけのときは希望、相手に対してのときは要望が使われる場合が多いのです。

個人が待ち望む場合には希望を使う

希望と要望の違いは少しわかったのではないでしょうか。では、この二つはどのような使い方をするのでしょうか?要望は、希望と違い、相手に対しての希望ですから、たとえば「その計画の実施を要望する」などというように使われるでしょう。一方、希望の場合は、「皆が幸せであることを希望します」などというように個人的な望みや、企業などでは「われわれにとって利益が出ることを希望します」などという風に使われる場合があります。

希望は個人的・要望は相手に対しての望みとして違いがあり待つか求めるかで使い分ける

希望と要望の違いやそれらの使い方についてみていきました。どちらもよく似た言葉ではありますが、微妙なニュアンスの違いがわかったと思います。日本語でわかっていると思っていても微妙なニュアンスの違いを知らないと誤用してしまう可能性も出てきます。特にビジネスなどで文書を書く際などには気を付けておきたいものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年9月26日転職

Posted by BiZPARK