「祈念する」の意味と知っておくべき正しい使い方

語句

「祈念する」は「お祈りする」を意味する

C

「祈念する」の意味は、分かりやすく言うと、「お祈りする」です。例えば、よく就活などにはお祈りメールと呼ばれる「なになにをお祈り申し上げます」と言うようなメールが届きます。そんな際に使う言葉が、この「祈念する」なのです。就活のシーンで使うような言葉だと覚えておけば、意味も分かり易いのではないでしょうか。

正確な意味は「神仏に祈る」で固い表現として用いる

正確に言うと「祈念する」は、「神仏に祈る」という意味になります。もちろん、ただの「お祈り申し上げます」などの言葉も、意味合い的には「神仏に祈る」となるでしょう。しかし、「祈念する」の方が、よりその厳粛な意味合いが強い表現だと言えるのです。つまり「祈念する」は、より固く表現する際などに使うのが適切となります。

「祈念する」は上司の栄転などの際に使う

「祈念する」の意味は、「神仏に願いが叶うようにお祈りする」です。この意味を持つ言葉を、ビジネスシーンで使う時には、どのように使っていけば良いでしょうか?「祈念する」をビジネスシーンで使う際によく使われる使い方としては、上司が栄転する際などの「ますますのご活躍祈念いたしております」などになります。

固い表現がしっくりくるようなシーンにぴったり

前述のとおり、「祈念する」の意味には、多少固いイメージがあります。ですから、上司が栄転する際などの、多少固い言葉の方がしっくりくるシーンでは、「祈念する」を使うべきなのです。正しいシーンで使えるように、「祈念する」の意味や雰囲気を、しっかりと正しく覚えておくべきでしょう。

「祈念する」は敬語で「祈念いたします」と表現する

「祈念する」は、その意味から考えても、敬語で用いるのが正しい使い方になります。ですから、「祈念する」は「祈念いたします」というかたちで使うのが、正解です。「祈念する」の「する」と言う部分を謙譲語にすることで、自分を減り下げて相手を上の立場にあげていき、丁寧な表現としましょう。

誰かが祈念しているのを表す時は「祈念なさる」になる

「祈念する」の正しい使い方として、「祈念なさる」とするケースもあります。基本的に「祈念する」を使う際には、自分が何かをお祈りするシーンですから、「祈念いたします」という表現になるでしょう。しかし、まれに誰かが祈念しているのを表現する場合もあります。その際には、「する」を尊敬語にして、「祈念なさる」と言うのです。

神仏に祈る意味を持つ「祈念する」は上司の栄転時などに敬語で表現して使う

以上、「祈念する」という言葉の意味と正しい使い方のご紹介でした。「祈念する」という言葉の意味は、神仏に願い叶うようにお祈りするという意味になり、それの正しい使い方は、上司等が栄転する際に、ますますのご活躍を祈念いたしますというかたちで使うのが正しいという事になります。正しい意味と正しい使い方で使い、恥のないようにしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス