「執務」と「業務」の違いと言葉の使い方

語句

一般的に「業務」は仕事を表す

1024 cc library010001397

私たちが一般的に行っている毎日の仕事を業務と呼びます。何かとこの業務は仕事をする上でよく使われます。単に仕事を指している場合とは違い、毎日継続されて行われている仕事を指して使われます。業務を英語で表す時はビジネス、ワークなどと決まった表現はなく、日本語としての意味の強い言葉だと言えます。

業務は他の言葉と組み合わせて使える

業務が使われる機会は多くあります。一般的に仕事と言われる行いを書類や用語、名称などで仕事を表現する時には業務で表します。通常業務、業務用、業務管理、業務提携、業務上過失などの用語、「毎日の通常業務を遂行する。」「新しい仕事を探す。」と言うように業務の使い方としては実際に行っている仕事のことについて表すもので、仕事と言う言葉とは違い他の単語と組み合わせて使います。

「執務」は主に事務作業をする際に使う

業務を表す時に執務と言う場合もあります。この執務とは業務ですがすが、その違いは、使われる場面が限定している事です。主に事務作業をしている時に執務と表現をします。執務を英語で表現するならば、仕事とは違い、一言で表すような言葉はなく、オフィスなどの場所で表したり、机などの物で状況を表したりするときに執務中であることを伝えます。

執務のみでは業務内容や違いを理解されにくい

普段は執務のみで使う場合はあまり多くありません、求人でも事務を執務と表現していることはありませんが、執務を使う場合は「今日は一日中執務です。」「彼女は非常に執務に適した人間だ。」のようにその執務のみではどのような業務なのかと分からないと違いを理解できない場合が多いので、この執務の意味は覚えておきたいです。

「執」という漢字には使い方で表現や意味に大きな違いがある

執務で使われる執と言う漢字には、その使われ方で大きく意味の違いがでてきます。執筆、執刀、執行、などは執務の使われ方に近いもので、普通に行うことよりも集中するような表現や公務に関する行動の場合に使われるものになります。また、もう一つは執拗、確執、固執、執念、執着、執心などのネガティブな使われ方がありますがその表現は、やはり集中した意味になっています。

執務の公的な使われ方には曖昧な違いがでてくる

公的なことでも執務と言う言葉はよく出てきます、その使い方は違いは曖昧ですが、そもそもの事務作業を指す見方と、公的な仕事に使われる厳かな表現との曖昧さがあり、その捉え方は使われる所によって自身で見方を変えて理解する必要があります。また法制執務と言うこともよく聞きますが、これは公務員が法令案の事務を行うことです。

継続されて行う仕事を表す「業務」と違い「執務」は事務作業の際に使う言葉

執務と業務の違いは同じ仕事を表す言葉ではありますが、業務は仕事そのものを表して、限定されたことに関しての言葉が執務で、それは事務作業をする際に執務と表現されるものです。なんとなくは分かっている言葉でもその違いや意味をしっかりと理解していることは大事です。言葉の意味と違いを知ってはっきりと使うことができます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月27日転職