上司への挨拶メールを書く時の注意点【例文あり】

上司, 挨拶

上司へ挨拶メールを送る際に気をつけたいこと

Mouse kuma

上司へ挨拶メールを送る際に気をつけたいことを確認しておきましょう。誤字脱字がないようメールを送るのは基本中の基本です。さらに上司へ挨拶メールを送る際に注意しておきたいことを確認しておきましょう。

上司にメールするときは件名を工夫しよう

上司には、仕事の関係上大量のメールが届いていることが考えられます。上司に届く大量のメールの中から、あなたの挨拶メールを見つけ出してもらえるような件名をつけるようしっかり工夫をしましょう。工夫をする例としては、件名の冒頭に【ご確認ください】【お礼のご報告】といった文言をつけるとよいでしょう。冒頭の文言に続いて、内容を一文で表します。

件名に工夫があるかどうかで、視認性は大きく変わるものです。できるだけ目に留まるような工夫をしたいところですが、あまりにも目立たせたいばかりにビジネスにふさわしくない文字などを使用するのはもちろん厳禁です。件名も内容が一目でわかるような工夫をしておくと、上司にとっては大変助かるものです。

上司にメールを送るときに間違いやすい敬語と注意点

上司へメールを送る際に、注意しておきたい敬語の使い方について紹介しておきます。知らず知らずのうちに間違った敬語の使い方をしていた。そんなことはよくあります。例文を見る前にしっかりとおさえておきましょう。

二重敬語にならないよう注意する

●間違われやすい敬語に気をつけましょう

「見ました」→「拝見しました」

「ご苦労様です」→「お疲れ様です」

●二重敬語はよくある間違いですので気をつけましょう

「お越しになられる」→「お越しになる」

「ご担当者様各位」→「担当者各位」

などなど、こういった敬語などの言葉遣いは、ビジネスシーンでとても大事であり、間違えやすいポイントになりますので、しっかりと敬語などの言いまわしもおさえておきましょう。

今すぐ使える上司への挨拶メール例文

では、上司への挨拶メールについて、例文をもとにご紹介します。メールを送る前に、内容が合っているかきちんと確認する事を忘れずに。もちろんメールの件名や署名なども漏れが無いかどうかをチェックしてください。例文をそのまま使用するのではなく、ご自身の状況に合わせて適宜書き換えてください。

Keyboard cop 640

上司にアドバイスしてもらった際の挨拶メール

件名:先日のアドバイスのお礼

お疲れ様です。総務部の●●です。

先日は、お忙しい中、私のためにお時間を割いていただきありがとうございました。

お陰様で、部長から頂いたアドバイスで、随分と気持ちが楽になることができました。

正直、一人で考えていると自分の出来ない部分ばかりが目につき、自信を失いかけていました。部長の経験に学んで、今後は前向きにやっていきます。

また、部長から、いつでも相談に来て良いとのお言葉をいただいたことがとても有難く、安心して仕事に打ち込めそうです。

これからも何かとご相談に乗っていただくことがあるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

取り急ぎメールにてお礼申し上げます。

総務部●●●●

内線 ●●

上司の子息が受験に合格した際の挨拶メール

件名:ご子息の大学合格おめでとうございます

人事部 ●●部長

お疲れ様でございます。総務部の●●です。

この度、ご子息が第一希望の●●大学に合格されたとのこと、誠におめでとうございます。直接、お祝いを申し上げたいところですが、勤務中に私的な話題は控えたほうが良いかと考えメールに致しました。

ご子息が無事大学に合格され、部長も安堵されたことでしょう。難関の大学を突破されましたこと本当に素晴らしく、将来がますます楽しみになられたと思います。部長もますます、ご活躍ください。

取り急ぎメールにてお祝い申し上げます。

================================

総務部 ●●

内線●●

上司への挨拶メールは例文を活用し間違った敬語に気をつけ送ろう

上司への挨拶メールを送る際の注意点と例文を紹介してきましたが、いかがでしたか?メールを送る際は件名の工夫し、上司があなたからのメールに気づき読んでもらえるように心がけましょう。

また紹介したように間違えた敬語の使い方をするということはよくあるので、しっかりと注意しておきましょう。そして今回紹介した、上司へのメールで添えたい挨拶の例文をみておさらいしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス