年賀状を職場の上司に出す際の書き方と例文【NG例あり】

上司, 年賀状

前提として一般的な上司に対する内容であるためすべてではない

年賀状を出すにあたってその上司との間柄が重要になるかと思います。間柄としてフランクにプライベートな情報まで共有することができるということでしたらこの記事は対象と違う可能性もありますのでご注意ください。

職場の上司に送る年賀状のデザインは無難なものを選ぶ

Old letters 436503 640

年賀状(年賀はがき)を職場の上司に送る際にも、忘れてはいけないビジネスマナーがあります。職場の人に出す場合は、年賀状においてもビジネスパーソンとして良識のある内容にすることを心がけてください。

最近ではさまざまなデザインの年賀状がありますから、自分の個性を出すために少し奇抜なデザインやかわいい年賀状を使いたいと考える方もいるかもしれません。しかし、個性的過ぎる年賀状を職場の上司に出すのは避けましょう。

職場の上司に送る年賀状は、できるだけ無難なデザインなものを選ぶのがベターです。年賀状に書く文章は、後程ご紹介する文例を参考にしてください。

職場の上司に子供や家族の写真入り年賀状を送るのは避ける

よく勘違いされている人も多いと思いますが、職場の上司や目上の方への年賀状で、子供や家族の写真入り年賀状を送るのは避けましょう。

少し手間がかかるとは思いますが、職場の上司用に別バージョンの年賀状を用意してください。特に、職場の上司や目上の方でビジネス上での付き合いしかない人に年賀状を送る場合、この点には十分に気をつけておきましょう。

ただし、家族付き合いをしている職場の上司や目上の方のご家庭に出す場合だったり、出産祝いを頂いた上司や目上の方の場合などは、子供や家族写真を入れて年賀状を出すことはいいので、ここもおさえておきましょう。

職場の上司に送る年賀状の書き方とは

職場の上司に年賀状を送る際に気をつけておきたい事があります。

それは年賀状を書く時の文言です。年賀状の言葉遣いには、間違った認識を持っている人も多いと思いますので、是非注意して確認しておきましょう。

「迎春」「賀正」などの賀詞は目下の人に対する表現

「迎春」「賀正」などの漢字1~2文字の賀詞を使う場合には十分に気をつけておきましょう。

この賀詞は、目上の人から目下の人宛の言葉です。職場の上司や目上の人にあてた年賀状に書くと、失礼にあたりますので使わないようにしましょう。

「迎春」や「賀正」は、デザインとして取り入れられていることが多いですよね。職場の上司や目上の人に送る年賀状として、これらの言葉がデザインされたものは選ばないようにしましょう。もちろん、これらの言葉を年賀状に書くことも避けるべきです。

四字熟語の表現は便利

年賀状に使える言葉遣いで特に便利なのが、「謹賀新年」という四字熟語での表現です。この謹賀新年は、「謹んで新年のお祝いを申し上げます」という意味があります。

誰にでも使える表現ですから、是非職場の上司や目上の方へ出す年賀状では、四字熟語を使ってみてください。

職場の上司に送る年賀状に使える便利な四字熟語を紹介

【年賀状に使える便利な四字熟語】

・謹賀新年

・謹賀新春

・恭賀新年

・恭賀新春

職場の上司に送る年賀状では、以上の四文字の賀詞を使うのが一般的です。「謹(つつし)んで」や「恭(うやうや)しい」の言葉が入っているので、目上の方への賀詞として最適です。職場の上司に送る年賀状の文章には是非この四文字熟語を使いましょう。最後に、職場の上司に送る年賀状の文例をご紹介しますので、参考にしてください。

職場の上司へ送る年賀状の書き方文例

Mailbox 959299 640

最後に年賀状の書き方として、職場の上司への年賀状を書く時に参考にしてほしい文例をいくつかあげてみたいと思いますので、是非参考にしてみてください。この文例を参考にした年賀状なら、職場の上司に送っても失敗する事はないでしょう。

職場の上司に送る年賀状の文例①

【年賀状の文例】

謹賀新年

旧年中は格別のご指導、ご支援を頂き、誠にありがとうございました。

本年はご指導いただいたことを活かしつつ、自らのアイデアと努力でより多くの実績を獲得するよう取り組んでまいります。

ご期待に応えるべく、誠心誠意取り組んでまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

職場の上司に送る年賀状の文例②

【年賀状の文例】

昨年は公私ともにお世話になりまして

心より感謝申し上げます

本年も、ご指導のほど

何卒よろしくお願い申し上げます。

お願い申し上げます。

職場の上司に出す年賀状は文例を参考にビジネスマナーと言葉遣いに注意しよう!

職場の上司に年賀状を送る時の書き方の注意点と文例をご紹介しました。プライベートで送る年賀状と、上司に送る年賀状は全く別のものと考えるように考えるように心がけてください。年賀状ひとつとってみても、そこにビジネスマナーがありますので、しっかりこの機会に覚えておきましょう。書き方に悩んだら、年賀状の文例を参考にすることをおすすめします。

また、こういった文化の風習を大事にして上司に年賀状を送ることは、今後の仕事にも生きてきますので、是非送る気持ちがあるのであれば出しておきましょう。とくに目上の人や取引先などに出す年賀状は、喜ばれたりします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月26日ビジネス