上司と喧嘩して怒らせたときにすぐ行うべき適切な謝罪方法

2016年11月29日上司, 謝罪

上司と喧嘩したら早めに謝ろう

Argument 238529 640

上司と喧嘩してしまったら気まずいですよね。怒らせたことで仕事がやりにくくなったり、会社に行きたくないといった事を思うかもしれません。しかし仕事は次の日からなくなるわけではありません。

円滑に業務を進めるためにも、上司と喧嘩をして、怒らせたらできるだけ早く仲直りができるように、すぐに謝罪をしましょう。自分が悪くないことがあるかもしれませんが、対処を早くすることで、関係を早期に修復することができます。

謝罪の基本は「自分からする」

上司と喧嘩したとき、もしも上司が起こしたこと原因で喧嘩に発展してしまった等だとしたら、自分から謝るのは抵抗があるでしょう。しかし、謝罪をせずに上司と喧嘩したままでいると業務上でもお互いが困るでしょうし、周りも迷惑をこうむりかねません。

そのような状況を防ぐためにも、謝罪はあくまでも自分からして、上司を立てることが好ましいでしょう。

面と向かって上司に謝罪するのが難しい場合は、メールでの謝罪をしても良いでしょう。スピーディに仲直りできますし、他の人に気づかれることなく関係を修復することができます。

上司と喧嘩したときの対応

Silhouettes 616913 640

上司と喧嘩をしてしまった対応は様々ありますが、早めの対応が肝心です。

ここでは上司と喧嘩した場合の謝罪時での対応を見ていきましょう。相手を怒らせた状況ですので、感情的にならず冷静になって、下記を参考にしてみてください。

上司の方針に納得出来なくても「言い分は聞く」

上司と部下が喧嘩した時の理由がいかなる物だとしても、上司の言い分が全てと考え対応しましょう。会社の人事として上司の言い分は聞かねばなりません。なぜなら基本的に上司は会社の方針を部下に伝えているからです。

また、相手を怒らせたのならば、相手の話を聞く姿勢を見せて、怒りを鎮める必要があります。上司の意見に反発して、喧嘩をしているのであれば、間接的に会社の方針に文句をつけている状況につながるので、感情で動かずに話し合いで折り合いをつけましょう。

自分の意見が会社の向上につながることに結び付ける

会社の上司と喧嘩した状態から元の関係に戻ることが一番の目的ですが、自分の考えもきちんと伝えましょう。

ただ相手も話を聞いているだけでは、また上司と喧嘩してしまうことがあるかもしれません。それを防ぐためにも「こうあってほしいと思っている(考えている)」とやんわりと伝えるようにしましょう。

もしくは「周りの社員もそう思っている」と会社の環境の向上に努めてほしいという意見であれば、上司も聞く耳を持ってくれるかもしれません。あくまでも「こうした方がより良くなる」と会社のために貢献したい思いを強調するように心がけましょう。

上司と喧嘩してしまったときの適切な謝罪方法

ついカッとなって上司と喧嘩してしまった! ここでは、そんな時の適した謝り方を集めてみました。できるだけ穏便に済ませたいところですが、万が一、喧嘩をしてしまっても、賢く立ち回りたいものですね。

Maracaibo 91034 640

どんなに理不尽でも喧嘩は「謝ったもの勝ち」

喧嘩したらとにかく先に謝ってしまいましょう。「先日は申し訳ありませんでした。」といえば良いだけです。あれこれ悩むよりも「すぐ謝る」のが重要です。言葉はありきたりで構いませんので「申し訳なく思っている」ことを素直になって伝えましょう。

最善の方法は「直ぐ謝る」ことです。時間をおけば、尚更会社に行きづらくなります。謝罪するのは自分を守るためでもあるのです。

怒らせた時の対処は「おだやかな口調で」

上司自体に文句をつける場合、人格を疑われる場合があります。喧嘩をした場合、背景を理解しすぐに謝罪しましょう。その上で、上司におだやかな口調で意見を伝えてみるようにしましょう。相手の行動に意見する場合は、おだやかな口調でするのがコツです。

上司と喧嘩して怒らせた時の謝罪や対処は相手を思いやり速やかに

会社の上司と喧嘩して怒らせた後の対応・対処の仕方として喧嘩の理由別の対処法、謝り方のコツを紹介しました。

上司を怒らせてしまったとき、焦ると思いますが、適切に対応・対処すれば、喧嘩の前より仲が深まるかもしれません。

怒らせた上司から逃げずに対処として真正面から謝ってしまいましょう。穏やかな口調がベストです。

あわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK