上司への苦情や批判などの意見をメールで送る際の注意点

2016年11月29日上司, 苦情メール

上司への苦情や意見をする際に気を付ける点

A1640 000062

上司批判にならない上司への苦情や意見のメールの送り方を見る前に気を付ける点を押さえましょう。どうしても自分の気持ちがおさまらず上司に意見や苦情を述べる時に気をつけなければならない点を見ていきます。

感情的にならない

上司への苦情や意見を述べるときは感情的にならないようにしましょう。ストレスが溜まっているのはわかりますが、ただの上司批判になってしまいます。相手が精神的に過敏になっているときなどは非常にデリケートですので、冷静を保ちましょう。

人がいる前では言わない

上司への苦情や意見は他人からみたら上司批判に見えてしまうかもしれません。上司は上の立場です。他の人がいる前で上司への苦情する事は許されません。意見を言いたい気持ちはわかりますが、社内の上下関係も尊重してください。

メールで上司への苦情や意見をする際に気を付ける点

それでは上司への苦情や意見をメールで送る際に気を付ける点を見ていきましょう。書き方がきちんとしていれば、上司批判ではなく、意見として聞き入れてくれるでしょう。

苦情や意見内容は簡潔に書く

上司批判になるのを恐れて、だらだらと書くのはやめましょう。苦情と意見内容は簡潔に、箇条書きでもいいくらいです。なぜなら長く書いてしまうと感情的になってしまうからです。客観的な視点が必要です。

相手を怒らせる書き方をしない

苦情や意見を真摯に受け止める上司と感情的になる上司がいると思います。「~~となっているのに気づきませんか?」や「~~とわかりませんか?」などの相手を怒らせるような書き方はやめましょう。ただの上司批判メールと捉えられて、上司への苦情が意味を持たなくなります。

上司への苦情や意見をメールで送るリスク

Https   www.pakutaso.com assets c 2014 07 pak86 atamawokakaerudansei20131223500 thumb 1000xauto 5033

上司への苦情や意見をメールで送る際に気を付ける点を見てきました。上司なので言葉遣いは慎重に選ぶ必要がありそうですね。最後は上司への苦情や意見をするリスクを見ていきましょう。

ただの上司批判に捉えられる

部下からの意見をただの上司批判だと思われたら、今後の仕事はしづらくなるでしょう。我慢できないストレスもわかりますが、上司への苦情はかなりのリスクがあることを認識しなければなりません。

メールは記録に残る

メールや手紙は記録に残ります。しかも全員に見られる可能性もあります。筋の通っていない意見や苦情はただの上司批判となり、それが社内全員に回った日には冷ややかな目で見られること間違いありません。メールは一生記録に残る事を忘れないでください。

上司への苦情・意見メールは批判にならないよう客観的に

上司へ苦情や批判などの意見は、上司にとっても貴重な情報である事も多いはず。しかし、メールの送り方ひとつで変わる可能性もあります。

客観的な視線をもち、まっとうな苦情や批判などの意見を述べれば、きっと良い捉え方をしてもらえるでしょう。メールを送る前に、一度身の回りの先輩に相談してみるのもいいかもしれませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK