上司の心得とは!?~部下に尊敬されるコツ~

上司

尊敬される上司の心得①:人前で叱らない

2587158059 7b111cb02a o

部下に尊敬されるための上司の心得として、人前で叱らないようにするというコツがあります。部下にだってプライドはあります。ですから人前で叱られるというのはすごく屈辱的で、たとえ正しいことを言われていたとしてもそれが心にすんなり届かなくなります。それではお互いに損しかしません。コツは叱り方に注意し、叱る際には人前ではなく、呼び出したりして注意するようにしましょう。それが尊敬されるコツです。

反対に人前で褒めるのもコツ

反対に褒める時には人前で褒めるようにすると、さらにアメとムチがうまく使えるようになり、尊敬度が上がっていきます。「叱る時には個人的に」ということだけでなく、「褒める際には人前で」ということも上司の心得として覚えておくべきコツです。

尊敬される上司の心得②:自分から謝る

謝罪の出来る大人というのは、部下から見ればすごくかっこよく見え、信頼に足る人物だと思われ尊敬されます。なにか部下にミスがあれば「伝え方が悪かったね。ごめん。」と素直に謝り、指示にミスがあれば「申しわけない。指示を間違えた。」と素直に謝るのがコツです。ただそれだけのことで部下に愛され尊敬される上司になれます。上司の心得として、プライドを捨て素直に謝る心を持つことと心に刻んでおいてください。

誠意を持った謝り方がコツ

謝り方もきちんと目を見て謝るのがコツです。言葉だけの謝罪というのは人にすごく伝わるものです。たとえこちらから謝っても、相手に「全然そう思っていない」と思われたら損しかしませんよね。尊敬される為には目を見て謝るようにしていきましょう。それも尊敬される上司の心得の一つでしょう。

尊敬される上司の心得③:積極的に声をかける

部下に積極的に声をかける上司というのは、信頼され尊敬され愛される上司です。部下にとってはただでさえ上司は話しかけにくいですから、相手から話しかけてくれた方が色々と助かるのです。それを機にそのまま相談もできたりしますから。そうして信頼関係を築くコツと言えます。ですから上司の心得として、尊敬される為にこちらから積極的に話しかけるということも覚えておいてください。

挨拶を上司自ら行うのがコツ

挨拶は部下からするのがマナーではありますが、こちらからしてはいけないというものでもありません。挨拶はすごく印象に残るものですし、挨拶をしていけばどんどん印象は変わっていきます。決して難しい上司の心得ではありませんし、翌朝から早速実践してみると良いでしょう。

上司の心得は≪自ら関わりと責任を持つ≫これが尊敬されるコツ

以上、部下に尊敬されるための上司の心得のご紹介でした。大切なのはちょっとしたコツや気遣いです。ちょっとした気遣いがあれば、部下はきちんと尊敬し愛してくれるようになります。これらの上司の心得を実践すると同時に、自分の行動の一つ一つに気配りをもってコツを意識して接するようにしていってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス