エスカレーターを上司と昇る際のビジネスマナー

2018年1月30日上司

エスカレーターのマナーとは?

Escalator 711793 1280

エスカレーターを上司と昇る際のビジネスマナーをみてきます。そもそもエスカレーターにはマナーがあるのでしょうか。エスカレーターを上司と昇る際のビジネスマナーを見ていく前におさえておきましょう。

片側空けはマナーとされている

関西なら左、関東なら右と急ぐ人のためにエスカレーターの片側空けはマナーとして根付いています。実はエスカレーターは歩行禁止なんです。

エスカレーターでの歩行はマナー違反

エスカレーターでの歩行はマナー違反です。いくらエスカレーターを歩くのは危険と言っても、歩行禁止を守っている場面には遭遇しません。個人の判断に任されているのが実情です。

エスカレーターを上司と昇る際の立ち位置は?

通勤や電車の移動時などにかかせないエスカレーター。上司と同じエスカレーターに乗り込む時、特に何も考えず普段と同じようにエスカレーターに乗っていませんか?上司とエスカレーターに登る際のビジネスマナーを見ていきましょう。

上司より下の位置がマナー

昇りエスカレーターの場合は上司の後ろ、下りエレベーターの場合は上司の前にいくのでマナーです。ではなぜ上司より下の位置がマナーなのでしょうか。それには深い理由がありました。

安全上の配慮や見下ろさないため

エスカレーターのマナーで上司より下に位置するには2つ理由がありまる。1つ目は上司が倒れた時に支えるためと、2つ目は部下が上司を見下ろさないためです。

エスカレーターに3人で並ぶ場合は?

Subway 691504 640

エスカレーターを2人で乗る場合は上司より下の位置にいるのがマナーでした。では、3人で並ぶはどの位置が上座になるのでしょうか。エスカレーターに3人で並ぶ場合は少ないですが、知っておいて無駄にはならない知識です。

3人の場合は真ん中が上座

3人の場合は、真ん中が上座と言われています。要人に囲まれているようですが、れっきとしたマナーです。3人で並ぶ場合は意識しましょう。

エスカレーターでは上司よりも低い位置に立つのがマナー

上司とエスカレーターに登る際のビジネスマナーをみてきました。上司とエスカレーターに登る際は、自分が常に上司より下の位置にいることが、ビジネスマナーであるとお分かりになったと思います。ぜひ、実践しましょう。エスカレーターは一歩間違うと事故に繋がります。マナーに気を囚われすぎない事も重要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年1月30日ビジネス

Posted by BiZPARK