オブザーバーの意味と役割に必要な要素

オブザーバー

オブザーバーとは傍聴者という意味

Businessman 598033 640

オブザーバーとは、会議などでただ聞いているだけ人を意味します。傍聴者という意味も持っています。オブザーバーを配置するのには、きちんとした意味があるのです。特別に参加してもらっている専門家であるケースが多いです。もちろん専門家だけでなく、見学者であったり、立会人であったりするケースもあります。

オブザーバーに発言権はほとんどない

オブザーバーには、一般的に発言権や提案する権利はありません。議決権だけではなく、発言権もないというケースがほとんどです。オブザーバーとして会議などに参加する場合は、自分の立場とその権利や意味を、事前にしっかりと把握しておく必要があります。いずれにしても、発言権も議決権もない場合がほとんどです。

参考レベルの意見しか発言できないのがオブザーバー

第三者的な立場であるオブザーバーは、会議に参加していても決定権や議決権といったような権利は持っていないのが一般的です。意見を言うのを許されている場合であっても、オブザーバーという言葉が「観察者・立会人」という意味である点から考えても、あくまでも参考レベルの意見であるという自覚を持っておく必要があります。

話を深めていく点に配置する意味がある

オブザーバーという立場に求められている役割には、意味があります。これは、メインとなっている参加者たちの観察を行い、話を深めていくというものです。表情だけでなく、態度や発言内容、時間の使い方などをしっかりと観察することにより、何を伝えたいのか、何を伝えられていないのかを判断し、第三者的立場からサポートする重要な意味があるわけです。

オブザーバーには第三者的な立場を全うする必要がある

オブザーバーは、第三者的立場から、平等にその場を観察する点に重要な意味があります。会議やプレゼン、ロールプレイにおいて、どちらか、もしくはいずれかへの肩入れは、決してしてはいけません。重要なキーワードを的確に把握し、ノンバーバルな事実のみを客観的にとらえ、要約する力が求められているのです。

目に見えないキーワードを見極めるのが仕事

オブザーバーが見極めるべきポイントは、参加者たちの会話の内容や態度だけではなく、その沈黙の長さやタイミングといった目に見えない、聞こえないところに気づける点に意味があります。また、会話の内容の中でも重要なキーワードを見極めるのも大切です。何度も出てくる言葉や、複数の人が使っている言葉など、細かい部分にも気を付けて参加しましょう。

オブザーバーには傍聴者という意味があり第三者的な立場を全うする必要がある

オブザーバーの意味と役割に必要な要素について見てきました。オブザーバーを立てる事には大きな意味があり、第三者が客観的な立場から意見を言ったり、観察をしたりすることで、参加者たちはより自分の発言に責任を持ち、しっかりと考えるようになります。オブザーバーを立てることにより、会議の幅が広がり、ロールプレイやグループワークにおいては、より良い緊張感が生まれるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月12日転職