主婦による消費者金融の利用が増えている理由と注意点

主婦, 消費者金融

消費者金融では必要なときにお金が借り入れできる

Smile 122705 1280

消費者金融とは、その名の通り、「消費者にお金を貸してくれる」ことを生業とする企業のことを言います。基本的に、収入内で生活していくべきですが、何かまとまったお金が必要となったとき、すぐに必要な場合など、「どうしても」の時にお金を借り入れられるということがメリットとなっています。しかし、利用には注意が必要です。

主婦=無収入なのでお金は借りられない

基本的に、主婦=収入のない人という扱いになるため、消費者金融でキャッシングを利用することはできません。借り入れを行うためには、安定した収入があるというのが条件としてあります。無収入の主婦が借り入れを行うことは、難しいのです。

配偶者の収入で申し込めば借りられる

収入のない主婦が消費者金融を利用するためには、「配偶者収入での申し込み」であれば可能です。配偶者の年収や、本人確認などの他に在籍確認を必要とするものもあります。そのため、配偶者に全く知られずに主婦が消費者金融を利用するのは難しく、必ず配偶者の同意のもとの利用となるのです。

主婦が借り入れをする理由は生活費の足しや依存

では、配偶者の収入があるのにも関わらず、なぜキャッシングを利用したいと考える主婦がいるのでしょうか。消費者金融のキャッシングを行う理由としては、「生活費が足りない」「あと○○円さえあれば…」と生活費の足しにしていることが多いようです。しかし中には、精神的に何かに依存するあまり、お金を必要とする主婦もいるようです。

お金を借りると返済義務を負うため要注意

消費者金融でお金を借り入れした際は、主婦のみでなく誰でも返済の義務を負います。もし、消費者金融で借りたお金を、期日までの返済できない場合は「延滞」とみなされ、遅延損害金として延滞利息が必要となります。つまり、返済が延びれば延びるほど、返済額は多くなるというわけです。そもそも、返済能力が無いのに、借り入れをするべきではありません。また、返済に関しても、無理のない綿密なプランが重要になってきます。

消費者金融会社の選びはトラブル回避に重要

巷には、多くの消費者金融会社が存在します。それだけ多くの人が、お金がない現状に困っているということになります。特に主婦が消費者金融に借り入れを行うのであれば、「どの消費者金融会社を選ぶか」は非常に重要です。トラブルを避けたいのであれば、名の知れた大手消費者金融会社を利用しましょう。

生活費の足しのために消費者金融を利用する主婦が多いが返済プランや会社選びは要注意

現在、主婦であっても消費者金融を利用している人は大勢います。借り入れたお金の使い道は人それぞれですが、借りた以上、必ず返さなければなりません。誰に借りたとしても、返さなくてよいお金などないということはしっかり理解しておく必要があります。また、基本的に借り入れは「どうしても困ったとき」だけにしましょう。主婦でも簡単にお金を手に入れられると思っていると、いつか痛い目にあう可能性もあります!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職