カードローンとクレジットカードのそれぞれの特徴

ローン

クレジットカードは代金を立て替えてくれるシステム

Credit car 1197771 960 720

カードローンとクレジットカードの一番の違いは、お金の扱い方でしょう。クレジットカードは、商品の代金を立て替えてくれるというシステムになります。対してカードローンは、そもそものお金自体を貸してくれるというシステムになります。それがクレジットカードとカードローンの何よりの違いであり、それぞれの特徴です。

商品を購入する時にしか使えない

つまり、カードローンはいつでも使えるという事になり、クレジットカードは、商品を購入する時にしか使えないという事になります。この2つには、そのような差があると言えるのです。ですから、それぞれの特性をよく考えて、どちらを選ぶのか考えていくのが良いでしょう。では、これらのカードのそれぞれのメリットはどのようなものになるでしょうか?

クレジットカードはポイントをためることが出来る

クレジットカードのメリットは、ポイントがたまることです。カードローンではいくらお金を借りてもポイントがたまるという事はありません。きちんとお金を返していれば、優良顧客として限度額が上がる可能性はありますが、それではあまり意味もないでしょう。クレジットカードのポイントは商品券にかえられたり、割引に使えたりするので、お得なのです。

生活費や食費の支払いでもポイントがたまっていく

当然使えば使うほどにポイントがたまるので、どうせ支払わないとならない生活費の支払いをクレジットカードで済ませたり、食費をクレジットカードで済ませたりすると、結構な金額分のポイントがたまることになるでしょう。どうせ支払うはずのお金で、得が出来るという事になるのです。それはカードローンにはない、クレジットカードの大きなメリットです。

カードローンは必要な時に現金が手に入る

カードローンのメリットは、圧倒的に現金が手に入るという事です。クレジットカードが使えない店というのは、残念ながら現代でもまだまだあります。ですから、必要なものが必要な時に買えない、払いたいときに払いたいお金が払えないという事態になる場合もあるのです。しかし、カードローンで現金を手に入れることができたら、まずそれはなくなります。

カードローンは現金を貸し出すため審査が厳しい

ただカードローンには、審査が通りにくいというデメリットがあります。カードローンは、そもそもが現金を貸し出すわけですから、それに伴って審査が多少厳しくなるのは当然だと言えるでしょう。カードローンよりもクレジットカードの方が比較的に審査に通りやすいので、審査に不安がある人は、クレジットカードを選ぶ方が良いかもしれません。

クレジットカードは商品購入時にポイントがたまるお得なシステムでありカードローンは現金を貸し出すシステム

いかがでしたか。カードローンとクレジットカードは、お得度に差があります。なので、どちらかと言うとクレジットカードの方が良いと言えるでしょう。どちらも厳密に言えばお金を借りる行為であることに違いはないのですが、商品の購入に使うのか、現金化して使った方が都合がいいのかというのも考えましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職