消費者金融を利用する際の保証人の必要性と注意点

2016年11月29日保証人, 消費者金融

消費者金融では保証人は必要ない

Businessman 1106922 960 720

基本的には、消費者金融を利用するのに保証人は必要ありません。昔はこういった消費者金融でも保証人が必要だったのですが、現代の消費者金融では保証人が必要なところはまずなくなっています。名前を一度でも聞いたことがあるような消費者金融であれば、どんな消費者金融でも保証人は要らないと思って間違いないでしょう。

銀行系でも必要ない

消費者金融のようにお金を借りられるものとしては、銀行系のカードローンなどもあります。こういった銀行系のカードローンは消費者金融系の会社に比べて審査が厳しそうなイメージがある人もいるでしょう。ですから、保証人がいると思うかもしれません。ですが、別段そういったところであっても保証人は必要ありません。

保証人が要らない代わりに金利が高い

そうして保証人が要らないのが現代の消費者金融ですが、それはメリットとも言い切れません。確かに保証人なしで簡単に借りることが出来るようになったのは、利用者側から見ればメリットだと言えるでしょう。ですが、消費者金融では、保証人が要らない代わりに金利が高いところが多いのです。したがって、必ずしもメリットとは言い切れません。

高金利だと消費者金融は損をしない

しかしなぜ、保証人が不要な変わりに金利が高くなっているのでしょうか?それは、金利を高くしておけば、最悪未回収に終わっても、それまでにもらった分の金利でまかなえたりするからなのです。保証人がいても、保証人から回収できないリスクもありますし、それならば金利を高くした方が得するからでしょう。ですので、消費者金融では保証人不要の代わりに金利を高くしています。

住宅ローンなどの大きなお金には保証人が必要

消費者金融では保証人が必要ありません。では、保証人が必要なケースとはどういったものでしょうか?保証人が必要なケースとは、分かりやすく言うと大きなお金を借りなければならないシーンです。たとえば住宅ローンがあります。とても大きなお金が動くので、保証人がいないと貸し付けに不安だということがあるのです。

住宅ローン以外のケースはあまりない

お金を借りるのに保証人が必要になるケースは、この他にはほぼないと言って良いでしょう。そもそも個人がお金を借りるシーン自体、住宅ローンか消費者金融の利用くらいしかありません。消費者金融で保証人が不要な時点で、住宅ローン以外に保証人が必要なお金の借り方はないと言えるのです。ですからあまり保証人に頼らないといけない状況にもならないでしょう。

消費者金融の利用には保証人は必要ないが金利が高いので計画的に利用しよう

消費者金融は、保証人が要らない代わりに金利が高いです。その点に注意が必要です。保証人がいらないという時点で簡単に借りることができますし、それでいて金利が高いのですから、すごく損をしてしまう可能性が高いです。できれば消費者金融を使わずに乗り切る方法を考えるのが一番ですが、それが無理な場合でも計画的に利用しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK