マーケティングにおける「ケーススタディ」とは?【具体例あり】

ケーススタディ, マーケティング

マーケティング分野でもケーススタディの活用が重視される

Smiling 1280975 1280

ケーススタディとは、リアル社会で起きた事象を参考に成功例や失敗例を調査、研究することで原理を見つけたり、体系立てたりする作業のことを言います。マーケティング分野でもケーススタディが例として取り上げられることがあり、他社の成功要因を見つけだし、自社の戦略に活用するのです。具体的には、ヒット・キャンペーン分析や特定商品戦略分析などの例があります。こうしたケーススタディを経ると失敗要因を予防できるほか、成功確率を高められる効果が期待できるでしょう。マーケティング業務に携わる方は、ケーステディや事例を参考にするのがおすすめです。

効果的かつ効率的な企業・ビジネスの成長につながる

マーケティング分野でケーススタディが重要視される理由は、企業やビジネスは半永久的に成長・繁栄していかなければならないからです。しかし、その一方でヒトや金などの経営資源(リソース)は限られています。そのため、なるべくなら失敗をせずにビジネスを成長させる必要があると言えるでしょう。その結果、過去や他社の事例から成功と失敗の経験を得ることができれば、効果的かつ効率的に企業やビジネスを成長させられるようになります。これが、マーケティングでケーススタディが重要視される理由です。

マーケティングのケーススタディは業種・職種の数だけある

マーケティング分野で扱われるケーススタディの種類は数多くあります。例えば、フロントであれば「営業支援」「コンバージョン率アップ」等があるでしょう。またバックであれば「コスト圧縮」「人事戦略」等があります。これらは職種による分類ですが、そのほか「製造業」や「卸業」などの業種による分類も考えられるでしょう。これら職種と業種の組み合わせでマーケティングのケーススタディは出来ており、その種類は事例の数だけあるのです。

目標(ゴール)・現状・解決策によって構成されている

マーケティング分野でのケーススタディの構成は、まず「目標(ゴール)」「現状」「解決策」が少なくとも用意されています。マーケティングにおける目標(ゴール)とは、最終的にどのように企業・事業がなっておきたいかという理想のことです。次に現状とは、今置かれた企業・事業の状況を意味しています。この目標と現状の差が「ギャップ」であり、これを埋めるために「解決策」を打っていかなくてはいけません。ケーススタディの場合は、実際の企業がどのように解決策を打ったのかまで分かります。そのため、単に机上の空論で終わらせずに、地に足のついた知識・技術を学べるでしょう。企業規模や業種などを上手く選定すれば、自社のマーケティング戦略にも活かせるはずです

ケーススタディの具体例「顧客獲得コストを下げる」

具体的なマーケティングのケーススタディを見ていきましょう。ここでは「顧客獲得コストを下げる」ことを目標に据えた事例です。マーケティングの具体例は以下のようになっています。

現状、製造業A社は手広く事業を展開していますが、その分「広告効果が低い」と悩みがありました。そこでターゲットを絞り、訴求効果が高い広告活動をしたいと考えています。そして最終的には顧客獲得コストを下げたいと考えたのです。

解決策は「データの活用によるターゲットの絞り込み」

このマーケティングのケーススタディで1番の焦点となるのは、「いかにしてターゲットを絞り込むか」と言う点にあります。そこでこのメーカーが取った戦略は、既存ユーザーにアンケートを取り、いつ頃に買い替え購入をするかを導き出す方法でした。これによってタイミングが合ったターゲットに絞って商品広告を打てるようになり、例題の中では「顧客獲得コスト」の引き下げに成功したのです。このようにケースステディーを参考にし、どのようなマーケティングの手法によって解決をしたのか考えられるでしょう。

マーケティングで重視されるケーススタディは業界や業種に適した例を参考に活用しよう

マーケティングにおける「ケーススタディとは何か」や「ケーススタディの具体例」について紹介しました。マーケティング戦略を考える上で、ケーススタディの具体例を参考にする場合は多いです。これからビジネスパーソンとして活躍する人であれば、是非ともどんなケーススタディを活用したらいいのか知っておくと良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス