ビジネスマナーにおいてよく使う重要な敬語の区別と使用例一覧

敬語

敬語表現は自分と相手との距離を保つために必要

Fba128a7bf852178

皆さんが仕事をする際、必ず敬語を用いますが、ビジネスの世界では何故、敬語をつかわなければならないのでしょうか? 敬語は、自分と相手(お客様ならびに主に上司、目上の人、先輩など)との間に、きちんとした距離を置くために活用する必要があり、それを表す表現として用いられているのです。また、相手を敬う気持ちを正しく表現するために活用するのも大きな意味のひとつでしょう。単なる形式ではなく、言葉による気遣いの表現なのです。ビジネスマナーとして、 これだけは知っておきたい敬語活用の基本的な使い方を紹介します。

尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類が存在する

相手との距離を保ちつつ、敬う気持ちを表す敬語表現には種類があります。ただ、名前では理解していても、実際にどの言葉がその種類にあたるのかまだまだよく理解できない人もいるのではないでしょうか。まずは、敬語表現の種類3つを確かめましょう。

敬語表現の主な3つの種類

・尊敬語

 ∟相手や相手が持つものなどに対して、最大限高めて敬う気持ちを示す表現。

・謙譲語

 ∟自分自身の言動や行動を相手よりも下の立場としてへりくだってとらえて敬意を示す表現

・丁寧語

 ∟「です・ます」や「お・ご」など一般的な言葉の表現をより丁寧に表現する際に用いられる

このように、敬語表現には3つの種類があると分かります。特徴的なのが尊敬語と謙譲語で、相手を敬う意味では同じですが、自分の立場をどう置くかによって尊敬語か謙譲語に変わるので、使い方には十分気をつけなければなりません。ビジネスマナーにおいては、まず敬語表現の種類をしっかり認識しましょう。

ビジネスマナーでの敬語一覧①:尊敬語

尊敬語は上記の説明にもある通り、相手の動作や状態、相手がおかれている環境などを高めて表現することで、その相手に対する敬意を示す敬語です。表現次第では非常に丁寧な言葉遣いとなるのですが、本来使うべきでない立場の言葉を誤って使ってしまうかもしれませんので、ここでしっかりと区別して覚えましょう。

尊敬語の使い方一覧

  • お見えになる
  • 今日ここに来られる
  • 御覧になる
  • ~とおっしゃる
  • ごぞんじですか
  • お若い

尊敬語は言葉の頭に「お」や「ご」を入れ、末尾に「~になる」などを加えると成立します。また、来るや食べるなどの表現は言葉そのものを変更して、いらっしゃるや召し上がるといった表現に変えてみましょう。

ビジネスマナーでの敬語一覧②:謙譲語

続いて一覧で紹介する敬語の種類が謙譲語です。相手を上げる尊敬語とは違い、自分の立場を下に見立てて表現するのが特徴です。こちらでも「お」や「ご」を用いるものの、語尾が「する」となり、自分が言葉の主体となっているのがわかるのではないでしょうか。では、実際にどのような言葉が該当するのか、確かめましょう。

謙譲語の使い方一覧

  • お知らせする
  • ご案内する
  • お配りいただく
  • ご理解を得る
  • 申し上げる
  • 存じ上げる

このように、尊敬語と比べると少々堅めの表現であるとわかります。いただくはついつい謙譲表現で使いがちですが、それは大きな間違いとなりますので十分注意してください。

ビジネスマナーでの敬語表現③:丁寧語

最後に紹介するビジネスマナーに基づいた敬語表現が、丁寧語です。丁寧語はその名の通り、言葉の節々を丁寧に伝えた表現を指し、一般的な敬語と言われてイメージされる使い方といっいても過言ではありません。では、実際にどのような表現があるのでしょうか。一覧を確かめましょう。

丁寧語の使い方一覧

  • ~です
  • ~ます
  • ~でございます
  • ~でしょう

謙譲語や尊敬語と違い、特徴的な表現があるわけではありません。いわゆるタメ口と呼ばれるフランクなしゃべり方ではない表現であれば、丁寧語といっても差し支えはないでしょう。謙譲語や尊敬語がなかなか身につかない人は、まず丁寧語を覚えることから始めましょう。

二重敬語にならないよう注意!

さて、ビジネスマナーにおいて重要な敬語の表現の仕方や種類について、一覧も交えながら紹介しました。最後は注意点について取り上げます。敬語を使おうとすると、どうしても二重敬語の問題が発生します。

例えば、「お探しになられる」だと、探すを敬語表現にした「探される」と「お~になる」の2つが重複してしまっているのがわかりますか。この場合はシンプルに「探される」で構いません。また、食事をするときに用いる「召し上がる」も「お召しになられる」と重複した表現になりがちです。丁寧に丁寧に表現するのはもちろん大事なのですが、あまりに敬語を意識しすぎた言葉になると二重敬語となるので気をつけましょう。

ビジネスマナーでの敬語表現は謙譲語・尊敬語・丁寧語の3つ!二重敬語に注意

今回は、よく使う、ビジネスマナーで重要な敬語の意味と利用例一覧について、説明して参りました。敬語は社会人の基本となるので、これらの記事を参考に是非マスターするようにしましょう。

また、二重敬語はよくない印象を与えてしまうので、意識して使わないようにしておくようにしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年6月30日ビジネス