ビジネス靴選びにおける女性が知っておくべきマナー

服装マナー

ビジネスでNGな女性の靴と履き方

Shoes 453210 640

女性の靴は種類も豊富でデザインも幅広く展開されています。そのため、どういったものがビジネスシーンでOKなのかを挙げるよりも、マナー違反の靴をご紹介した方がわかりやすいでしょう。以下より、ビジネスでNGな靴を説明していきます。

派手なデザイン・高価な靴もマナー違反

ゴールドや真っ赤な靴、ヒョウ柄、ラメやラインストーンがついたキラキラしたものなど無駄な装飾がついた派手な靴は避けましょう。また、あまりに高価なハイブランドの靴も職場には相応しくありません。だからと言って安すぎるものも良くないので、目安として1~3万円程度のものが適切かと思われます。

だらしない履き方はNG

デザインをどうこう言う以前の問題です。汚れている、サイズが大きくパカパカ音を立てて歩く、踵を踏んでいるなど、だらしない履き方はビジネスマナーとして最低のマナー違反です。踵のないサンダルや踵にベルトのないミュールもNGです。また、靴音が異様に響き過ぎるタイプも職場によって悪い印象を与えるため避けた方が良いでしょう。

靴は常に磨いてきれいにしておくようにすると同時に、同じ靴を連日履かないようにします。靴底や踵の減りもこまめにチェックし、足元から身だしなみを整えましょう。

女性靴の基本的なビジネスマナー

女性がビジネスで履く靴の基本的なマナーについてです。「オシャレは足元から」などと良く言いますが、ビジネスで必要なのは「清潔感」と「上品さ」です。そのため、女性はアパレル等のオシャレなファッションが好まれる職業でない限り、ビジネスシーンでは革靴を履くのがマナーです。

色は茶色か黒のものを選ぶようにしましょう。基本的には洋服と合わせるのが良いでしょう。スーツが濃い色なら靴も黒やダークブラウンのような暗めの色を選びます。

ヒールの高さは3~5 cmが適切

靴の形としては、ヒールが3~5 cmのパンプスが一般的です。また、営業職の人など長時間歩く場合、ヒールは太めで低い方が疲れにくいです。その他、バックベルトのサンダル、ベルト有りのミュールなどもOKです。ただし、オープントゥやバックストラップなどのタイプの靴はカジュアルな印象を与えるので注意する必要があります。

プロから教わることで本物のマナーを身につけよう

Libz

ビジネスシーンでの靴に関して見てきましたが、知らないこともあったのではないでしょうか。靴ひとつにそこまで意識を払わない方も多いので、無理もないかもしれません。そして靴ひとつでこれなのですから、全身見渡せば比較にならない程多くのマナーが存在します。 そんなビジネスマナーを一人で身につけるのは効率的ではありません。そこでオススメなのがプロの転職支援サービス。中でも「LiBz CAREER」はキャリア女性に特化した就職支援サービスなので、女性がビジネスマナーを身につけるのにはこれ以上なく効果的です。ぜひLiBzCAREERを利用して、靴をはじめとしたビジネスマナーを身につけましょう。

ビジネスシーンで使用する女性の靴のタイプ

女性のビジネスシーンで使用する靴が多い為に「パンプスやミュールと言われてもどんなものかわからない」というあなたに、ビジネスマナーを考えた女性の靴選びの為の解説を載せておきます。これからビジネス用の靴を購入しようと思っていた人は、この解説を参考にして検討してみてください。

デザイン性が高くどんなシーンでも使用可能

・ローファー:革靴の一種で靴ひもを結ぶ必要のない靴。脱いだり履いたりが楽なので、幅広い何代に愛されているタイプ。デザイン性も高く、フォーマルなシーンでも使用可能。

・パンプス:履き口を大きくカットし、足の甲を露出させ、つま先と踵の両方が覆われているタイプ。デザインはシンプルなものから派手なものまで、ヒールも低いものから高いものまで多種多様。

サンダルのようなシンプルなデザイン

・ミュール:サンダルの一種。踵の部分が大きく切り取られているタイプ。一般的なサンダルとの違いは踵にベルトやストラップが付いていない点。

・オープントゥ:つま先が切り取られ、足先が見えるデザインのもの。つま先が開いているだけなのでサンダルとは異なる。

ビジネスマナーを考えた女性の靴選びはヒール低めでシンプルなデザイン!

女性の靴に関するビジネスマナーについてご紹介してきましたが、参考になりましたか?女性の靴選びでは、ヒール低めでシンプルなデザインがビジネスシーンで使用するなら好まれます。

これから購入しようと思っていた新入社員の皆さんも、改めてビジネスマナーを見直した先輩社員の皆さんも、ぜひ参考にしていただいて、納得のいく買い物をしてください。

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2017年6月30日ビジネス