冒頭の挨拶が大事!プレゼンで聞き手の心をつかみきる方法

プレゼンテーション

プレゼンテーションの冒頭の挨拶では、「つかみ」が大事

Akan

プレゼンテーションを始める前に、まずは聞き手に意識を向けましょう。コミュニケーションの基本である「挨拶」をプレゼンの冒頭で、効果的に使う方法について考えてみましょう。冒頭の挨拶で与える自信の印象は、その後のプレゼン内容に耳を傾けてもらえるか否かに関わってきます。

冒頭の挨拶で聞き手の心をつかむという重要性について再確認しましょう。

つかみとは「聞き手の意識を自分に集めること」

つかみとは何かを紹介すると、「聞き手の意識を自分に集めること」です。プレゼンテーションを行う際に、いきなり本題ひ入って話出しても聞き手は心の準備もできていなく、おそらくあなたの話を聞いてくれません。

プレゼンをする際には、冒頭の挨拶でいかに聞き手の心をつかみ、自分が話す内容に興味を持ち聞いてもらうかというところです。つかみとは、いえばその場の良い雰囲気作りです。

冒頭の挨拶で効果的に聞き手の心をつかむ方法とは

Auschwitz 385639 640

冒頭の挨拶でのつかみは非常に大事です。聞き手に対して、このつかみがしっかりできていないと、いくら良い資料を持ちこんで話をしたところで、聞き手はあなたの話を聞いてくれません。ですから冒頭の挨拶でのつかみをしっかりと行い、あなたの話を聞いてくれるような場の雰囲気作りを自分でしましょう。

ではプレゼンテーションの冒頭の挨拶で、効果的に聞き手の心をつかみきる方法について紹介します。

心をつかむ方法①聞き手の顔を見る

冒頭の挨拶でのつかみは自分の話を聞いてもらうために大事だと先ほど紹介しました。そんなつかみを効果的にするための方法の1つ目は「聞き手の顔をしっかりと見る」ということです。

プレゼンテーションでは、事前に資料を参加者へ配っているケースが多いと思います。ほとんどの参加者が、自分が話をする前から資料を見ていたとしても、あなたは参加者へ視線を配り顔を見るようにしてください。

心をつかむ方法②「どんな話になるのか、気になる」と思わせる

冒頭の挨拶でつかみがしっかりできているか、できていないかで、その後の内容に聞き手の関心が変わってきます。最初に聞き手の意識を自分に向けられなければ、興味を持ちプレゼンに耳を傾けてもらうのは難しいでしょう。

冒頭の挨拶で、「面白そうだな」「どんな話になるのか、気になるな」と聞き手に思わせるのがつかみのポイントです。

心をつかむ方法③ゆっくり話す

続いての、冒頭の挨拶でつかみをするための方法です。特にプレゼンテーションの経験が少ない人やアガリ症の方は、自分が気づかないうちに早口となってしまいます。早口になってしまうと、聞き手からすると自信なさげに感じてしまします。

自信がなく見えてしまうと、プレゼン内容も自信がないものなのかな?と思い話に興味を持ってくれません。冒頭の挨拶でつかみをするには、ゆっくりと話すようにしましょう。

冒頭の挨拶では時事ネタや自分の面白しろエピソードを話すのがオススメ

プレゼンテーションの冒頭の挨拶では、先ほど紹介した聞き手の顔を見る。ゆっくり話すといった方法で、自分の名前や経歴を伝えるのも大切ですが、さらに聞き手の心を掴む言い回しを考えなければいけません。

そのために重要なのが、少しだけ日常会話を挟むことです。最近の芸能ニュースやスポーツの話題といった時事ネタ、または最近自分の身の回りで起こった面白いエピソードでも構いません。

Board 751991 640

暗いニュースや政治の話題は避けるのが無難

ただし、暗いニュースや政治の話題などは避けた方が無難かもしれません。プレゼンテーションの冒頭のつかみとして、使える話は何かないかと日頃から情報収集のアンテナを張っておきましょう。

聞き手が共感してくれると「つかみ」となる

また聞き手に、「自分と同じ」と共感してもらうのは非常に効果的です。地域の話や、その季節の暑さ寒さといった五感に訴える話題を最初の挨拶にいれると、自分と近しい人だと思ってもらえます。

冒頭の挨拶で少し笑いや共感が得られるだけで、聞き手はリラックス状態になれるのです。プレゼンテーションの冒頭の挨拶に取り入れてみてくださいね。

冒頭の挨拶で聞き手の心をつかみたいなら、共感する話を用意しよう

プレゼンテーションの冒頭の挨拶で、聞き手の心をつかみたいならどのような方法を取ればいいのかと紹介してきました。プレゼンの冒頭の挨拶では、時事ネタや身の回りであった面白いエピソードトークをして、共感してもらいましょう。

冒頭の挨拶で好印象を与えることができれば、その後のプレゼン内容にも説得力が格段に上がります。素晴らしいプレゼンとするためには、プレゼン内容も重要ですが、冒頭の挨拶で聞き手の心をつかむのも大事です。紹介した聞き手の顔を見る・ゆっくり話すといった方法も駆使しながら、聞き手があなたの話を聞きたいと思うような雰囲気作りをしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス