シンクタンクという職業に与えられた役割と仕事内容

2016年11月29日シンクタンク

シンクタンクとは他分野の情報を活用して研究を行う機関

A

そもそも、NEWSなどでも目にする「シンクタンク」では、実際にどのような役割を下に活動を行っているのでしょうか?シンクタンクとは、経済や経営、清治や化学技術など様々な分野に関する詳細な情報を全て収集した上で、それらを複合的に活用する研究機関です。この機関では、これら様々なジャンルの情報を活用した仕事内容が実践されており、所属する研究員によって扱われています。

仕事内容を担当する研究員は各ジャンルに精通したプロ

シンクタンクは、情報を活用し様々な研究を行った結果、現れた回答や結果を商品として活用して利益を獲得しています。このため、当然ながら商品として取り扱われる全ての情報や研究結果に間違いやミスは認められず、常に正確な研究と解析が求められるのです。こうした緻密な作業を主な仕事内容として全て担当しているのが、シンクタンクに属する研究員であり、各ジャンルに精通したプロフェッショナルと言えるでしょう。

シンクタンクが活躍するのは情報研究の分野

では、実際にシンクタンクと呼ばれる研究機関では、どのような仕事内容が課せられているのでしょうか?シンクタンクが幅広い活躍を見せる最大の場となるのが、情報研究の分野です。例えば、顧客である官公庁や金融機関などの公私組織から多くの情報を収集し、それらを総合的に活用した未来予想図を構築し、将来のリスクに備えるという仕事内容の例があります。これは、全く同じ情報を活用したとしても各シンクタンクで出される回答に全く違いが見られるなど、一見すると簡単に見える仕事内容です。しかし実際には、とても多くのキャリアやノウハウが求められる仕事内容なのです。

シンクタンクの仕事内容①:独自のノウハウや経験を基にした解析

シンクタンクの主力ともいえる研究解析の仕事内容では、各シンクタンクが長年の活動を通じて培った多くのノウハウや経験を基に解析を行い、その結果を顧客である各組織へと提供します。発表した情報を基に経済政策が実施されたり、企業の長期的な展望に活用されたりなど、様々な企業や組織に影響を与える重要な役割を担っているのがシンクタンクなのです。実際にシンクタンクに所属する研究員に対して、こうした重責の下で信頼性の基礎である情報解析という業務が基本的な仕事内容として一任されています。

シンクタンクの仕事内容②:コンサルティング業務

最近では、大手シンクタンクを中心にした新たな仕事内容として、様々な企業や顧客に対するコンサルティング業務が実践されています。これは、長年培ったシンクタンクとしての独自の情報解析ノウハウを活用し、同業他社との差別化を図りながら企業の魅力を加味した経営をマネジメントするのが仕事内容です。シンクタンクに所属する多分野の研究員が、顧客企業に対する最適な経営方針の提案やマネジメント業務を担当することで、通常の経営ではなし得ない独自性をもった企業経営が可能になりました。現在では高い評価を受けており、シンクタンクの主力級の仕事内容として、多くの研究員がこの業務に携わっています。

シンクタンクの仕事内容③:リサーチ業務

また、シンクタンクに属する各ジャンルのエキスパートである研究員に課せられる仕事内容は、これだけに留まりません。シンクタンクが実地経済や現実に即した正確な研究解析を行えるポイントとなるのが、正確な情報の獲得です。顧客から得られる情報だけに限らず、一般市場や経済の微細な情報についても正確な取得が求められています。これらは全てシンクタンクに所属する研究員が、実際にリサーチやマーケティングを行い収集しているものです。ですので、特にシンクタンクに入社したばかりの研究員には、経験を積む目的でリサーチ業務がメインの仕事内容として任せられるのが一般的となっています。

研究解析を担うシンクタンクの仕事内容はコンサルティングやリサーチ業務などがある

以上、シンクタンクという職業に与えられた役割と仕事内容をご紹介しました。元々は市場や組織、顧客から得られる情報を基に研究解析を行い、近未来や将来の状況を推測した様々なリスクに備える目的を前提に登場したのがシンクタンクの仕事内容です。現代に即した新しい事業として、研究解析に基づいた正確な情報を基にした企業へのコンサルティング業務や、正確な解析に欠かせない市場や経済状況を精緻なレベルで収集するリサーチ業務を仕事内容として担当しています。これらは全て、シンクタンクに属する研究員の主な仕事内容として一任されているのです。こうした研究員の日々の仕事内容を通じて、正確なシンクタンクの活動が支えられていると言えるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK