プラントオペレーターの仕事内容と志望動機の書き方3つ

プラントオペレーター

プラントオペレーターと製造オペレーターの違いとは?

1024 cc library010001528

プラントオペレーター職を志望するなら、基本的な部分はすべて押さえておきたいですね。この仕事にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

プラントオペレーターとは製品の生産管理が主な仕事

プラントオペレーターとは、主な仕事が化学製品工場などで製品が「正確」かつ「安全」に生産されるように管理し、それを徹底しています。プラントオペレーターとは、工場での生産管理とも言え非常に重要なポジションとされています。

プラントオペレーターとは24時間365日工場内を見守り続ける仕事

プラント(工場)から生産される製品の安全や工場全体を24時間365日管理し続けるのが、プラントオペレーターの仕事です。化学工場の製品は生命の危険にかかわる物質が多く管理されています。ちょっとしたミスで大きな事故につながるため、プラントオペレーターの存在はとても重要だといえるでしょう。

製造オペレーターとは製品の製造に係る仕事

製造オペレーターの仕事の内容は製造する製品によっても異なりますが、一般的には、原材料の補給、製造機械・装置の監視・点検・保守・清掃、製品・または半製品の移動やトラックへの積み込みといった製品の製造に係る仕事です。金属材料に穴を開けたり削ったりする工場ならドリルや刃物を交換したり、削りかすを除去するといった仕事内容となります。製造オペレーターは男性に限らず、最近では女性も多く活躍しています。

プラントオペレーターになるには?

プラントオペレーターになるにはどうすればいいのでしょうか。プラントオペレーターとは業務内容から考えると、特殊な資格が必要な印象ですが、実際はどうなのでしょうか。

就職後の研修や実務で知識や技術を身につけた後になれる

プラントオペレーターになるためには、基本的に工業系や理工系を卒業した方が就職後に行われる工場の研修で、専門的な知識を学んでその職につきます。 通常は、いきなり大卒や高専卒でいきなりプラントオペレーターになるというのは少なく、就職後に工場で経験や技術を身につけた上でプラントオペレーターになれます。

化学工場などではプラントオペレーターは当然必要な人材ですが、専門的な知識が必要となるため長年の経験が必要となります。 そのような理由で知識がなければ、いきなりこのプラントオペレーターの仕事をすることはできません。もし、豊富な知識や経験がある方であれば即戦力となるので、企業としては欲しい人材かもしれません。

プラントオペレーターとして働くことを見据えた就活での志望動機の書き方とは?

就活の際で作成する志望動機を書く上で、必ず書いた方がいい3つのポイントを紹介します。志望動機を魅力的に仕上げるための書き方のポイントとなりますので、しっかりとおさえておきましょう。

Board

志望動機の書き方①:業界の魅力を具体的に書く

今後、プラントオペレーターを見据えた上での就活での、志望動機の書き方ですが、1つめは業界の魅力を具体的に書くということです。なぜその業界に対して魅力を持ち目指そうと思ったのかは、必ず書いておいた方がいいポイントです。 業界においての成長性、社会性など、自分が魅力を感じた点はどの部分なのか、志望動機を書き始める前に自分の中でしっかりと整理しておきましょう。特に異業界から転職する際は、今までの業界にはない魅力を強調して差別化を図りましょう。

志望動機の書き方②:応募先の会社の魅力を具体的に書く

世の中に大多数ある会社の中で、なぜその会社を選び応募したのか理由を具体的に書きましょう。会社の経営理念なのか、方向性なのか、価値観なのか、自分と共感できる部分はきっとあるはずです。実際に応募先の会社の、製品を買ったりサービスを受けたりしたことがある場合は、その点も言及しておくといいかもしれません。

志望動機の書き方③:仕事の魅力を具体的に書く

こんなところに仕事の魅力を感じる、このような点に仕事のやりがいを感じるなど、仕事の魅力について書いてください。 実際に、自分が働く姿をイメージしながら、仕事の魅力を具体的に書くのが大切です。そのためにも、応募先の会社のWEBサイトや求人票を見て、どんな業務内容であるのかを、しっかり把握しておきましょう。

ここまでで紹介した、志望動機の書き方の3つを踏まえて具体的に書けば、しっかりとした志望動機が書けるはずです。 自分の意見を十分に取り入れた、オリジナルで魅力的な志望動機を完成させましょう。

製造オペレーターやプラントオペレーターとは需要のある仕事!志望動機を練って目指そう!

プラントオペレーターとは、工場での生産管理とも言える、非常に重要なポジションとされていると紹介してきました。また、製造オペレーターとは製品の製造に係る仕事と紹介しました。まずは、プラントオペレーターと、製造オペレーターの業務内容の違いについてはしっかりと理解しておきましょう。

プラントオペレーターと製造オペレーター違いをおさえた上で、志望動機を書く際には、業界の魅力や応募先の会社の魅力について具体的に書くようにしましょう。しっかりと自分の中で具体的に書くための整理を行い、魅力的な志望動機を作成し就活・転職を成功させましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職