サービス業と接客業におけるそれぞれの役割

2016年11月29日接客

サービス業は第3次産業であり非製造業

Cc library0100090916pkdv

サービス業と接客業の違いを考える上で、まずはサービス業とは何かについて考えて見ましょう。サービス業は通常、第3次産業のことを指します。ちなみに第1次産業は農業や漁業・林業などです。そして第2次産業は工業などです。それ以外の、なんらかのサービスを他人に対して行う仕事全般をサービス業と言うのです。非製造業であると言い換えても良いかもしれません。

サービス業の役割は社会的にも幅広い

それでは、サービス業と接客業の役割について考えて見ましょう。まずサービス業に関してはとても対象が広いので、社会に果たす役割も非常に幅広いものになっています。基本的に、農業や工業など、何かを生産したり製造したりする以外の職業はたいていサービス業になると考えるべきでしょう。誰かに対して良質なサービスを与え、対価をもらっています。そのサービスによって、相手は満足するのです。教育産業や娯楽、金融などもサービス業に含まれます。

接客業はサービス業の一種

それに対し、接客業はサービス業よりも限定的な職業になります。言ってみれば、接客業はサービス業の一種だといえるのです。サービスする対象が「接客」という名前があるとおりお客様に限定されるのです。喫茶店などの飲食店、スーパーやコンビニなどの小売店などでお客様に対してなんらかのサービスをする場合が接客業になるのです。

接客業の役割はおもてなしの心で接すること

続いて、接客業の役割です。サービス業の中でもさらに限定された役割になります。基本的にお客様と接する立場ですが、電話応対やメール・文書での応対も接客業に含まれると言えるでしょう。接客業は全てのお客様に対しおもてなしの心を持ちながら、そのおもてなしを提供する行為を意味するのです。そしてサービス業はその接客業も含みつつ、物やサービスの提供を行う役割なのです。

サービス業で成功するためにはニーズを把握し確実に応えるのが重要

接客業も含めてよいのですが、サービス業を成功させるためには心構えが必要です。つまり、お客様のニーズに確実にこたえるという心構えです。さらにそれを一歩進めて、お客様が要望する前にそのニーズに応え、要望すら考えつかなかったサービスを提供できれば、サービス業としての成功は間違いないでしょう。つまり、相手の気持ちを善い方向に持っていくのがサービス業で成功するコツです。

接客業で成功するためにはビジネスマナーをマスターする

サービス業の中でも接客業は、特に直接お客様と接する役割を担うので、接客業で成功するためには言葉使いや態度、誠実さ、清潔な見た目など、ビジネスマナーの中でもさらに細かいポイントまで問われるでしょう。その他の基本的な部分は、他のサービス業で成功するコツと同様です。とくに相手に対して失礼な言動をしてしまわないように、常におもてなしの心が問われます。

サービス業は非製造業を含んだものであり接客業はお客様に対して良質なサービスをするという役割がある

サービス業と接客業にどのような役割があるのか、多少整理がついたでしょうか?接客業はよりお客様の応対に特化したサービス業というと、少しわかりやすいでしょう。接客業とサービス業とでは、仕事の優先順位や重要度などが異なってくる場合がありますので、自分がどのような役割を担っているのかをまずは認識しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK