「発注先」とは?言葉の意味と商品を注文するときのポイント

発注

「発注先」とは商品の注文を受ける側の企業

Ipad 820272 960 720

発注先というのは自社がAとした場合、業者やメーカーなどの注文書を送る先をBとします。この場合A→Bに注文します。つまり、発注先はBの業者やメーカーということになります。「発注先というのは、注文を受ける側の企業」ということです。そのため、得意先から見れば自社が発注先となるのです。発注先がわかったら、発注元についても理解できるでしょう。

「発注元」とは商品の注文をした側の企業

発注先に対して「発注元」というのは、自社がAとしてメーカーや業者をBとします。AがBに注文をした場合A→Bとなりますので、発注元はAの自社ということになります。つまり、自社に得意先が注文をしてきた場合は、発注元は得意先になるのです。「発注元というのは、注文をした側の企業」ということになります。これが発注先と発注元の違いです。

発注先はあるが「受注先」は日本語として存在しない

Truck 1030846 1280

発注先と発注元がわかりましたが、では「受注先」という言葉を聞いた事がありますか?結構聞いた事がある人が多いとは思いますが、実は受注先という言葉は日本語には存在しないのです。受注先と聞くとどう解釈しますか?商品の注文を受ける側の企業でしょうか?商品の注文をした側の企業でしょうか?実はどちらでもないのです。発注をしない限り受注は起こらないので、受注先という言葉は存在しないのです。

発注先が逆転することもある

発注先は自社からみればメーカーや業者になります。しかし、この発注先が逆転することもあるのです。メーカーや業者が自社に商品を注文してくるということになりますが、これは商社などの卸業者に多いです。卸業者の場合色々な商品を扱っていますから、メーカーが商社の取扱商品を注文するということも起こります。これで発注先が逆転するのです。

どの商品をどの発注先に注文するのかを把握する必要がある

商品を注文する際は、発注先に注意しなければならないこともあります。どこの発注先で商品を選ぶかは非常に重要です。同じような商品を扱っていても価格が違ったり、この商品だけは強いというメーカーや業者もあったりするので、どの発注先に発注するのがベストなのかを把握しておかなければなりません。そのためには、商品知識も必要になりますし、どの発注先がどんな商品に強いのかということも把握しておかなくてはなりません。

発注先の商品に関する知識も重要

発注先の商品を理解している人と理解していない人とでは業績にも差が出ます。それは発注する事務や業務の人の知識と技術で、営業の成績や会社の利益につながります。注文する人は発注先の商品や価格などを理解しておく必要があるのです。これができれば、発注の時も楽ですし効率よく仕事ができます。

発注先と信頼できる関係性を築くことが大切

Handshakes 930178 1280 (1)

発注先と良い取引を行うには、信頼関係を築くことが大切です。発注先との信頼関係によっては、急な在庫が必要なときや商品の確保などで助けてもらえる場合があります。長く取引を続けることや日ごろからのコミュニケーションが重要となるでしょう。発注先も安定的した発注元があることは、利益につながります。お互いが納得のいく取引をするためにも、信頼関係はポイントです。

発注先とは商品の注文を受ける側の企業!選ぶ際は「どこに」「何」「信頼関係」がポイント

発注先の言葉の意味と商品を注文する際に覚えておきたいポイントについて説明しました。発注先とは商品の注文を受ける側の企業で、その反対が発注元となります。また、よく聞く受注先という言葉は日本語として存在していないことを覚えておきましょう。商品を注文する際には、どの業者やメーカーに何を頼むのがベストなのかを把握しておくと便利です。発注の際にはミスをしないよう、確認作業も大切になります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職